直接鑑定ご相談事例

姓名判断的 男が強い家、女が強い家

大切な役割

姓名判断的 男が強い家、女が強い家1
女性にできて、男性にはどうひっくり返ってもできないことがあります。
それは子供を産むことです。
そして男性に難しいのは家族に対して慈愛を注ぐことです。
女性には慈愛を与えながら子供を育てるという本能的な役割があります。

そして、産んでからの一定期間は家の中で、ある程度の育児が必要になります。共働きであれば、およそ保育園の入園までの約1年間、幼稚園入園までの約3年間の育児休暇を経て社会に復帰します。(男性の育児休暇もありますがまだまだ日本は少ないですね。)

夫婦である、子供がいる、そして働いてもいる、という家庭の両立において、女性は能力があればあるほど、悲しいかな社会に出る機会をセーブしなければなりません。
1985年に男女雇用機会均等法が制定されてから、約30年経った今でも、もどかしさを感じる場面は多々あるでしょう。
政治的な課題はまだまだ山積みといえるのではないでしょうか。

男系と女系

姓名判断的 男が強い家、女が強い家2
この樹門流占いの言葉の中に、夫の系譜(おとこのけいふ)と呼ぶ「男系」、婦の系譜(おんなのけいふ)と呼ぶ「女系」を意味する言葉があります。
(以後、「男系」と「女系」で統一)

「男系」は男性が財産(サイフ)をつくり主導権を握る代をあらわしています。
いわば、男性が主導する代になります。
一方、「女系」は女性が財産を管理して主導権を握る代をあらわしています。

先の通り、男女平等が叫ばれている現代であっても、男系が主導する代もあれば、女系が主導する代があるように、それらの構図はどの家でも常に代を変えて移り変わります。
はたして「男系」と「女系」とでは、どちらが良いのでしょうか。
「男が強い?」「女が強い?」
あなたの家ではどちらが強い立場にありますか。

女性は太陽、男性は惑星

姓名判断的 男が強い家、女が強い家3
この世は女性に支えられていることは間違いありません。
女性が軸になってこの世は動き続けています。
女性は慈愛の動物であるがゆえに、子供を産み育て、家の愛情すなわち、慈愛を家の中に育みます。直接的に家を継続させるのは女性という意味です。

一方の男性の役割は生産性の向上に尽きます。男性は子どもを生むことができないので、社会でこそ能力を発揮しなければ生きられない動物です。

男性、女性の役割と「男系」「女系」の内容をあげていきます。

  1. 男性は生産力を上げること、女性はその生産力の結果である財の管理に適しています。
  2. 「男系」代では、能力的に精神的に男性が優勢。「女系」代では女性がそれらが優勢になる。
  3. 女性は慈愛の動物で女性が子育てすることによって家の愛情が正常に育つ
  4. 「女系」では代が進むにつれて、か弱い男性と縁を生じる。

「女系」代にいる、特に三代目の男性には、さまざまな男の一生が存在します。

  • 仕事が全くできない男性
  • 仕事ができるがまったく妻やパートナーに頭が上がらない男性
  • 身体が弱く働けない男性
  • 身体も強く仕事ができるが(実質的)結婚をしない男性
  • 順風満帆な人生だったが壮年期に病がふりかかる男性
  • 趣味に生きたり、異性関係にだらしない、放とうを繰り返す男性

上記以外のストーリーもあるでしょうが「女系」代に生きる男性には、十人十色の人生が待ち受けています。

軍配はどちらに?!

結婚をされているバリバリのキャリアウーマンには、次の多くの事実はないでしょうか。
たとえば、我が社初の女性執行役員や、アジア初の女性社長などのスーパーエース級の能力を持つ女性の、夫(パートナー)の実態性です。
それは健康面に問題があったり、生産性が妻より弱かったり、妻より能力が劣っていたり、借金や浮気などで妻を困らせるなどのケースです。

『家三代の興亡』という家は三代を周期にして、興隆や衰退の浮き沈みを繰り返す法則があります。これは必ずどの家にもあてはまる法則になります。
その中で『初代』は能力的に優れた人が家に表れて、家をグンと盛り上がります。これは「男系」に限られます。
『二代目』になるとすぐに「女系」化がはじまり、人生の後半が弱くなります。『三代目』には女性が強すぎるがゆえに生産性がなくなり、家はなんかしらの清算を迫られます。
先のキャリアウーマン的な女性は『二代目』もしくは『三代目』に存在すると考えられます。

さて、これまでお読みになられて「男系」「女系」どちらの方がよいと思いますか。
もちろん、男性は「男系」を望み、女性は「女系」を望む方がいらっしゃると思います。
しかし、結論としてはすべてを見渡した、長期的な視点で答えを出すべきです。
この占術は、『継続は力なり』を掲げています。
つまり、どちらの系譜が継続する時間(代)が長いのかを考えます。
当然、『継続は力なり』ですので、子孫がより続く系譜を良しとします。

「男系」は『初代』ですので、その後に継続できる残りの代は『二代目』、『三代目』となり、“二代”も続きます。
「女系」であれば本人は『二代目』もしくは『三代目』となりますので、二代目であっても残りは三代目=一代しかありません。
よって、この占術の答えは継続できる代が長い「男系」に軍配が上がります。
この結論は決して時代錯誤ではなく、性という本能に起因するのでやむを得ないところもあります。そして、そもそも男性であること、女性であること、LGBTであること、実はそれすら、あなたのベースとなる太い根幹の運勢なのです。

関連記事

離婚の非ススメ~シングル家庭に育ったら~1離婚の非ススメ~シングル家庭に育ったら~
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録お願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください