直接鑑定ご相談事例

別れは避けられないのか?!~姓名判断からの解~

一緒に、ずっと

別れは避けられないのか?!~姓名判断からの解~1
これまでも、そしてこれからも、あなたはパートナーとずっと一緒にいたいと思いませんか。

最愛の夫、最愛の妻、いわゆる最愛のパートナー。
互いに年老いるまで、一緒にいたいと思うのは人の情だと思います。私もその範疇の人です。

しかし、その範疇の人同士であってもすべてのカップルがその願い通りになるわけではありません。

結婚から数年後キライになって別れる離婚があります。ですが別れるために結婚する人はいませんので、当初の願望は添い遂げることではないでしょうか。

また、暴力をふるう男性。甲斐性が無かったり、浮気性の人。
破産するレベルで金遣いが荒い人。一緒にいて泣くことがわかっているのに、このタイプを好きになる男性や女性が必ずいます。
やがて好きだけでは一緒にいられずに離れてしまうのです。

一方でやむを得ない事情で別れることもあります。
それは病気でいなくなってしまう場合や事故に巻き込まれていなくなってしまうケースです。

現実的に考えれば不可抗力と思われるような別れも、実は運勢のうちに含まれると樹門流占いでは考えます。

前者は生別による離婚、後者は死別による離婚に分類ができます。

運勢の転換

別れは避けられないのか?!~姓名判断からの解~2
あなたを軸に考えた時に、祖父母、父母、あなたという三代。あなた、子、孫という三代。
要するに上は三代、下も三代という連綿とした家系の中で、興隆と衰退(斜陽)が必ず起こります。

家を栄えさせる初代、家を維持する二代目、そして三代目は家がつながるかどうかの瀬戸際の代になります。
名前をみれば(姓名判断)、あなたが何台目にいるのかがわかります。

初代や二代目とくらべると、三代目の運勢は劣勢になります。
優劣の対象は経済的な面がわかりやすいでしょう。
代が進むごとに、運勢的には優勢な初代から徐々に劣勢化して、家がつながるかどうかの三代目をむかえ、ここで絶家になる場合があります。
継続ができたとして、その後の子孫たちも優勢と劣勢を繰り返しながらどの家もかろうじてつながっていきます。

さらに重要なのは、どんなに健康であっても、どんなにお金持ちであろうと、愛情がつながらない名前。それがどんな高名な人であっても良くない名前になるのです。

この占いが標榜(テーマ)するのは『継続は力なり』です。
継続しない名前は、たちまちに良くない運勢と評価いたします。

そのような名前であっても運勢の好転、転換を見出して継続させる方法は一つだけです。それは樹門流の改名です。

なぜなら最後についた名前で運勢の結果が出るからです。
妻が結婚をして夫の姓に変わったのであれば、その夫の姓+名が最後に付いた名前になります。
(日本では結婚をすると女性がほぼ夫の姓にかわります。夫の姓と名で人生が確定するので、その意味では女性は命がけで結婚していることになります。)

改名の効果1

前者の一般的に多い離婚や、クセが強いがゆえに離れてしまう可能性。こちらに向けた改名の効果を考えてみましょう。

概して改名は、性格、そして人生、そこに順応を加えること。社会や相手に対して「うんうん」とうなづくことができる順応性を付加するものです。
その過程の中で夫婦、パートナーとの継続性を見出します。

クセが強い人に対しては、アバタもエクボの状態を少しでも長く継続させるかもしれません。
その実は暴力が減る、正社員になる。浮気グセが減る。金遣いがやわらぐ。
クセは完全には無くなることは難しいでしょうが、程度の差はあれ改善をすることは考えられます。

改名の効果2

後者の病気や事故などの不可抗力系。こちらに向けた改名の効果を考えます。
極端な話。ステージ4のガンの段階での病気自体に、改名が治癒を与えるとは言いません。(ただし、改名によって本人の思考の変化、子などの子孫に継続性を与える効果は可能性があります。)

病気の発見に着目をするならば、改名をしたことによって、ステージ1やステージ2という早期発見も可能性があると充分に考えられます。

検証

別れは避けられないのか?!~姓名判断からの解~3
名前が持つ効果は果てしないものです。
なぜなら今の個性(運勢)は、元々の名前が持つ運勢がもたらしたものだからです。

これまでの名前がもたらした運勢を、今度は違う名前(姓と名の読みはそのままに、名の漢字を変える)に改名をすることによって、現在よりも健康・経済・愛情のバランス性と継続性をねらうのです。

本記事タイトルが意図する『別れる予定があるカップルを回避することはできるのか』という問い。
樹門流姓名判断の見解は次の通りです。

  1. 名前には力(運勢)があり、別れはその名前が引き起こす。
  2. ならば、その名前を転換(改名)することにより別れを回避する可能性が出る。
始祖樹門先生が創業以来(40年超)私たちも含め、これらの検証をトライし続けているのです。

お客様の立場で考えると、まず見解の1である「名前にはその力(運勢)があり、それはその名前が引き起こす。」ことをクリアしなければなりません。
その証明は占い師による直接鑑定において他はないでしょう。

樹門流占い師は東京、神奈川、長野。そして男性、女性の先生がおります。(対面鑑定以外に電話、出張もあります。)じっくりとよく考えた上でご縁をお待ちしております。

参考 直接、占い師による相性鑑定もございます。運勢の相談室

関連記事

姓名判断:どちらの姓で占えばよい1姓名判断:どっちの姓で占えばよい?
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録お願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください