赤ちゃんの名付けは「付ける人」によって運勢が変わる?

姓名判断 赤ちゃんの名付け1
あなたの名前は、その運命があったから、その名前がつきました。
したがって誰が名付けようと、その名前をつけられる予定があったと考えます。
両親であろうと祖父母であろうと、そして有力者であっても、その名前がつく予定があったと考えるのです。赤ちゃんの名前の候補名がたくさんあって迷った、なんてケースがありますが、その候補名の運勢は当方でみればすべて似たような名前(運勢)があります。

人生最大のプレゼント

赤ちゃんを名付ける人は両親だけではありません。
祖父母や両親にゆかりのある人、専門家など。
そこで気になるのは、名前を付ける人によって運勢が変わるのでしょうか。
その親の元に生まれた時に、環境や地域、無形有形を問わずさまざまなものを受けとります。人生における成長過程において、たくさんのものを受け取ります。
その人生の中で、最初のプレゼントといえば生命と名前になります。
私たち樹門流占い師はこのプレゼントを人生最大のプレゼントだと捉えています。それを英語でたとえるのならば、生命=マインド(mind)で、つまり生命を配置する(マインドセット=mind-set)存在が名前だとしても違和感はありません。
「名は体を表す」という言葉があるように、名前はその人自身を示す大切なものです。
どのような名前を付けるかによってその人の人生は決定されます。

運勢の実体

自分で名付けるご両親も多いかとは思いますが、より良い名前をわが子につけるために自身の祖父母や専門家、高名な僧侶などに名付けてもらったという方もいるのではないでしょうか?
専門家の理論に従った方法や祖父母の名前から1文字をもらう方法など名付け方はさまざまです。当然、考え方は人それぞれですので採用する名付け方法も変わるわけです。
しかし、実際には名付ける人が変わっても子供の運勢が変わるということはありません。
なぜなら、その子ども自身が遺伝子レベルで備えている運勢に沿った名前が必ず命名されるとこの占術は考えているからです。
つまりその名前は必然だったと落ち着くのです。

命名の因果

姓名判断 赤ちゃんの名付け2
樹門流姓名判断では、私たちの運勢は祖父母からの遺伝で成り立っていると考えています。
祖父母が果たせなかった思いが孫に隔世遺伝で受け継がれます。
例えば「勝利への思い」を果たせなかった祖父母の孫は、負けず嫌いな性格になります。「寂しい思いで孤独を味わった」祖父母の孫は、自然と誰からも愛される人気者になろうとします。
樹門流姓名判断は祖父母の感情が遺伝して孫に運勢がつけられます。つまり、孫の運勢からその祖父母の人生の生き様や精神状態が浮き彫りになるのです。これらの関係性は数学の証明(“仮定”と“結論”)に似ています。
人の運勢は生まれる前から人生が決定されているということになります。
両親以外のだれが命名したとしても、「決められた運勢」を表す名前がつけられるようになるというのはこのような仕組みがあるからです。

まとめ

可愛い我が子に良い名前を付けるためにはどうすればよいか?
“運勢”としてはその名前が命名される予定だったのですが、“現象”としては名前がつけられた瞬間に運勢が決まるのです。

絶対やってはいけない赤ちゃんの名付けのパターン1絶対やってはいけない赤ちゃんの名付けのパターン 名前と遺伝子と姓名判断1名前と遺伝子と姓名判断
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です