結婚ができる人の仕組み(姓名判断)

姓名判断 結婚ができる人の仕組み1

  • 「あなたは異性に人気がありましたか。」
  • 「パートナーは異性に人気がありましたか。」

容姿端麗なあの子が結婚した。どうやら、いつもモテていたらしい。
だとしたら、あの子は遺伝子として魅力があったから、多数の異性に人気があって告白されたのでしょうか。

反対に。
モテたことはないけれど、あなたは唯一、パートナーと相思相愛になり結婚をした。
実はモテる人も、このモテない人もパートナーからすれば、あなたの遺伝子に魅力があったという事実があります。

“つながる”観点からすれば、パートナー一人だけに自分の遺伝子的な魅力を感じてもらえれすればその人はつながります。

この事柄から相性について考えてみます。

相性を見る方法

相性を見る方法は、名前を樹門流の姓名判断をすることによって、『魂の出生順位』という家系の中でのポジションがわかります。

偶然にも戸籍の順位と同じ場合がありますが、名前から、『次女相』とか、『三男相』とか、数が戸籍とは全く異なる場合もあります。

いずれにせよ、出生順位はあなたの家系の中での絶対的ポジションを表していて、それがいわゆる《赤い糸》の正体となります。
次男相の人は次女相の人と、三女相の人は三男相と相性が生じます。

もう一つ相性をみる上で、重要な要素は名前から運勢の種類を割り出すことができます。
それを『運勢型』と呼びますが、性格だとか、運勢の質的な要素を相性の判断基準とします。

たとえば、出っ張っている性格の人と、同じような性格の人は相性を生じません。
凹凸の原理が相性には必要になるからです。

相性の組み合わせは、性格的にぶつかる部分が多い組み合わせとぶつかる部分が少ない組み合わせが存在します。

細かくいえば相性を見極める方法は他にもありますが、要するに自分が存在する位置と性格(運勢)を軸として、相手と比較することによって相性を見極めることができます。

姓名判断 結婚ができる人の仕組み2

モテる or モテない

単純に、そして一般的に考えれば、モテる人は子孫をつなげる可能性があります。
モテない人は子孫をつなげない可能性があります。
ここに樹門流占い的な『運勢のスパイス』が加わります。

ここにモテる人がいます。
ものすごいモテて、不特定多数の女性と毎晩とっかえひっかえ遊んだすえに、重度の性病にかかり不妊となってしまったら・・・。

この場合は運勢的には子孫をつなげない人となります。
そして名前は家が閉じる時に生まれる絶家代の名前になっているはずです。

一方で、モテない人は、容姿は良くないが、それを充分にカバーできるほどの性格の良さ、気遣いもOKで、内面の良さを知ってくれた女性と順調に愛を育んでゴールイン。子供(子供はその後無事成長し成人)にも恵まれた。

この場合、子孫をつなげた人で継続性がある運勢である名前になっているはずです。

運勢のスパイス

姓名判断 結婚ができる人の仕組み3
バランスはかなり重要で、行き過ぎると環境や条件、要素が仇になって、結果は裏返る場合があります。

『運勢のスパイス』とは条件が良くても行き過ぎる要素が運勢に入っていれば、上のケースのように性欲が過多に成りすぎて暴走します。

遺伝子は常に生き残る方法を考えていますから、条件が悪ければ、それを補う要素が生まれて、結果バランスが豊かになる場合があります。

理由があって運勢がある

これらには理由があり、因縁で起こるものです。

因縁は、原因(祖父母代の出来事=想い)と結果(本人はどうなる?)ということで、
祖父母が苦労の連続の人生であれば、孫は栄える可能性があります。

祖父母代で愛情を泣かした場合に愛情で泣かされる孫が誕生します。
泣かされ方も人生の数だけ形(現象)が違います。
そのことによって、運勢は子や孫にまで伝播(広い範囲でつたわる)して現象を生むことになります。
先祖がエゴを貫けば貫くほど、辛く悲しい目にあう子孫が出てきます。

動物のサガ

中には、高嶺の花の女性ばかり、条件が高い男性ばかりを求めすぎるあまり、婚期を逃してしまう方もいます。
かといって、好みは妥協するものではないことは重々承知しています。

つまり、その理想の相手が見当たらない環境に置かれることも運勢にあるとしたら、その事実は重くとても悲しいものです。

浮気されてしまう女性や、妻子がいる人ばかりを好きになる人なんていうのも相性がもたらすものです。

めぐり合わせがあって子孫を育むカップルもいれば、めぐり合わせがおきず独身を貫く人もいます。
その縮図はまるで動物界そのものです。
その原因はそれらすべては、やはり名前によるものです。

姓名判断 結婚ができる人の仕組み4

あばたもえくぼ

別の視点となりますが、自分の好みの顔はありますよね。
反対にその好みとはかけ離れている顔も当然あると思います。

自分から見た好みは他人からみたら好みではないかもしれません。
他人が好みの顔はあなたの好みではないかもしれません。

そのような対極的な人がいてはじめてこの世界は成り立っているのも事実です。

世界中の多くの人に子孫ができる仕組みは最初に好みのタイプの多様化があります。
しかし、好みが外れても性格の良さなどでカバーをして子孫をつなげられる人もいます。
どんなに性格が良くても、環境や家族が原因でどうしても漏れてしまう人も中にはいます。
どう考えても、一人ひとりの運勢(=名前)の中につながる・つながらないが眠っているのです。

関連記事

恋愛運:浮気のカラクリ・男運のカラクリ1恋愛運:浮気のカラクリ・男運のカラクリ
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください