離婚の非ススメ~シングル家庭に育ったら~

結婚と離婚のチカラ

離婚の非ススメ~シングル家庭に育ったら~1
二人が結婚をする時、その瞬間は人生最大級の輝きに包まれます。
周りから見ても二人は輝いてみえるはずです。二人が手を携えて、前に進むパワーは偉大な力です。つねに二倍のパワーはどんなことも乗り越えられるはずです。

一方で、離婚にいたる時。
それはお互いの気持ちが猛烈なスピードで離れていきます。
これまでは二倍のスピードで同じ目的に向かっていたものが、今度は逆に互いが背を向けて、まるで磁石が反発するように離れていってしまいます。
そこに子どもの親権や利害が絡めば絡むほど、お互いの溝は深まり、場合によっては裁判などの泥沼にはまることさえあります。

結婚の時とは違い、別の方向を見ているので孤独との戦いにもなります。
気持ちが重く辛い一人だけの時間は、過酷なほど長く感じるのではないでしょうか。
(もちろん、酒乱・暴力、不倫癖、ギャンブル狂などのパートナーであれば、一緒にそばには居られない止むを得ない事情もあるでしょう。実はそこにも相性が存在します。)

離婚の非ススメ

この占術では「離婚」は(原則)すすめません。
一時の感情ですべてを決めてはいけません。夫婦仲の実態のフタをあけたときに(実質的含む)結婚生活が継続できる間柄であるならば、別れる選択肢は不思議なことになります。
またお子さんがいらっしゃれば、離婚は子ども、ひいては孫の運勢にまでも影響を与えます。

運勢として、「離婚・再婚家系」が存在します。
離婚・再婚家系の系譜をひく運勢があります。
その運勢があると離婚への”布石”が軽く、そのような決断をしやすい性格になってしまいます。

  • これまであなたの家系の中で離婚をした人がいない。
  • あなたは離婚(嫌いだから別れる、生別離婚)をした。

もしも離婚の経歴がない家系にあって、あなたがはじめて生別離婚をしたとするのならば、あなたの血系の子孫に初めて離婚をしやすい運勢が誕生するかもしれません。

上の理由から、(生別)離婚は一代に限らず、運勢として伝統的なものを一族に与えてしまうものです。あなたをして新たな家系のクセのようなものが生まれ、あなたが離婚をしたのなら、子や孫も離婚をする運勢を持ち合わせる可能性が充分にあります。

ですから、軽々に「別れなさい」などとは言えるものではありません。
ちまたの占い師には離婚をススメる占い師がいるらしいです。
その占い師がどのような理念や信念なのか、直接鑑定を受ける前に占い師の考えを確認した方がよいかと思います。

男女の役割は確かにあるが

人間は動物です。
生物学的に男性と女性がいます。
理性云々よりもその前に動物であるという大前提があります。

動物としてのオスは、身体的に筋力が発達しているために狩りをします。
メスは子を産む身体的能力があるために、子を直接的に育てます。

これまで人類の歴史を振り返っても、父が子に狩りを教え、母は子に慈愛性を教える。
その構図が現代ではそっくりそのまま当てはまるとは言えないかもしれません。しかしながら、少なくてもその原形が家族の形です。
それらのような関係性が保たれることによって、子どもは健やかに育つのではないでしょうか。また男(夫)と女(妻)が協力せねば、愛情は不均衡を生みやすいものではないでしょうか。

離婚の非ススメ~シングル家庭に育ったら~2

家庭もいろいろ

シングル(片親)の家庭はたくさんいらっしゃいます。その理由はさまざまです。
一人で子を育てることは一人親にしかわからない苦労があるでしょう。

もちろんシングルの家庭を否定はしません。過ぎたことはやむを得ないともおもいます。多くの現象はすべて因縁によるものだからです。

MEMO
因縁とは、そうなった運勢の原因という意味です。
肉体的な遺伝子だけではなく、祖父母や父母からは感情も遺伝します。
原因(祖父母代の出来事=想い)があって結果(あなたはどうなる?)になります。
祖父母が苦労の連続の人生であれば、孫は能力も豊かに栄える可能性があります。

むしろ、今後の生き方、お子さんがいれば今後の育て方が重要です。
シングルの家庭で育ち成長した子供に向けてこんな質問を投げかけたとします。

「将来、家族をつくりたいと思いますか?
またそうだとしたらどんな家庭を築きたいですか?」

「大人になったら暖かい家庭を築きたい。パートナーと仲むつまじい家庭を築きたいと思います。」そのような答えがお子さんから出てきたら、育て方は間違ってはいなかったと胸を張ってよいと思います。

なぜなら、あなたの家系には“健全性”が残っている可能性があるからです。
一度、生別離婚を経験した家系は、その子や孫は同じことを繰り返す可能性が高くなります。
ですが「暖かい家庭を築きたい」という回答(気持ち)があるということは、まだ見ぬパートナーとはいえ、少なくとも添い遂げたい家族の理想像があるということです。
それを健全性と呼んだのですが、とても大切なことです。
あなたの子やその子のパートナーをもってして、愛情面の是正が促され、再び家系がつながりやすくなるかもしれません。

今度は先の質問に対して反対の答え。
「両親のように結婚は苦労だけなのでしたくはない。一生一人でいます。」という回答したならば、それは子孫がつながらないので必然的に断絶になってしまいます。

離婚の非ススメ~シングル家庭に育ったら~3

あなたがすべきこと

樹門流占術が考える幸せの定義は、健康、経済、愛情の三点のバランスが整い、かつ、その三点が継続することが幸せと考えます。
“健全性”を託された子は三点のうち、特に“愛情”の欠如の修復を試みる代といえるでしょう。
「あなたが母子、父子、もしくは祖父母に育ち、何か満たされない思いを抱えていたのならば、今度はあなたが家庭を作り、その思いを満たせばよい。」
「あなたに父性とか母性に絶対的な愛情が足りなかったのなら、その役割を自分ではなくパートナーに依存してあなたは見守ればよい」
あなたがつながるかどうかはあなたの名前にかかっています。

関連記事

あなたの好き人、嫌い人には法則性がある1あなたの好き人、嫌い人には法則性がある!?
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください