恋愛運:結婚するような人に出会えない・・・

愛情面の苦労

恋愛運:結婚するような人に出会えない1
生きる上で、大小、様々な悩みは尽きないものです。
その悩みの中で「異性との縁がない」というのは深刻な問題の一つではないでしょうか。
本人はもちろん、お子さんを持つ親御さんからしても大きな大きな問題のはずです。
その恋愛の悩みを分類すると、そもそも出会う機会がない、相性が合う人と出会えない。そして交際が始まっても結局は別れてしまう、などなどです。

運命の正体

男女の人口割合は極端に数が違うわけではなく、同世代の男女別人口は均等なはずです。
街には同年代の男女がたくさんいます。なのに、なぜ相性を生じた結婚に至る相手と出会えないでしょうか。
その理由は容姿や性格の良し悪し、生まれ育ちや経済状態など多少の有無はあるでしょうが、それが全てではないこともご理解いただけると思います。
相性とは、自分にないものを相手に求める凹凸の原理が働いています。
占術からすれば一言で「運命」だからと言えるのですが、その運命に“正体”があるのです。

兄弟姉妹はそれぞれの人生を歩む

その証拠の一つとして。同じ親から生まれた兄弟姉妹でも全く異なる人生を歩みます。

  1. 兄弟姉妹、みな結婚をし、子どもがいる。
  2. 兄は結婚しているが、弟は結婚に全く縁がない。(兄と弟の立場が逆もあり)
  3. 姉と妹、両方結婚をしているが、姉は子どもがなく、妹に子どもがいる。
  4. 兄弟(姉妹)ともに結婚をしていない。

遺伝の法則

運勢はすべて名前に隠されています。そこには祖父母代、父母代から遺伝した魂(感情の遺伝子)、という家の流れそのものが介在しています。
遺伝の法則は「マイナスをプラスへ」が原則です。祖父母(または父母)が人生でマイナスであったのなら、孫はプラスの人生へと変えようとします。
遺伝子は喜びよりも損失とか失った要素のほうを長く頭脳に記憶します。

たとえば、「誰かに勝った」という喜びよりも、「誰かに負けた」という悔しさや悲しみのほうが深く頭脳に刻まれるということです。その情報が感情の遺伝子として子孫の運勢を形成します。
感情の遺伝子を主婦目線でたとえると、スーパーでいつもより100円安く魚を買えた喜びよりも、その魚は鮮度が低く、味もまったく美味しくなかった場合。悲しみだけではなく、怒りの感情へと波及するかもしれません。ヘタしたら二度とそのお店にも行かないかもしれないからです。人が介在しているので、遺伝の法則はそのような行動経済学にも通じるところがあります。

異性に縁がない理由

恋愛運:結婚するような人に出会えない2
縁がない理由として、樹門流完全オリジナルの三つの法則性が重要になります。

  • 種族保存本能の法則(自分と同じ血を残そうとする本能)
  • 家三代の興亡の法則(どの家も三代に初代運、二代目、三代目と瀬戸際になる代がいます)
  • 系垂の法則(兄弟姉妹の中で栄える順番・優劣がわかれてしまう法則)

この三つの法則をあなたの名前(姓名判断)にあてはめることによって、生まれ持った運命はもちろん、なぜそうであるのか、これからどうなるのかを名前から読み解くことができます。なぜなら運勢の情報は遺伝子に刻まれていて、その刻まれた情報が名前にあらわれるからです。
「異性と出会えない」という理由が名前にあるというのはそのような理由からです。

同じ兄弟でも兄だけがイケメンだったり、弟だけがイケメンだったり。その要素が運勢に多いに関係あるかどうかはその人が持つ運勢を知る必要があります。イケメンすぎて結局誰も寄り付かなかった、なんてマイノリティかもしれませんが有り得る話でもあります。
イケメンであろうがそうでなくても独身の人はいます。
人生は何がプラスになるか、マイナスになるか、蓋を開けない(姓名判断)とわからないものなのです。

結婚したい、理想の結婚結婚したい気持ちが大切!
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です