直接鑑定ご相談事例

姓名判断+相性はどうやってみる?

相性とは不思議な世界

姓名判断+相性はどうやってみる?1
相性の世界は、不思議な世界です。
目に見えるものではありません。
論理の三段論法でいうところの、「Aの人とBの人は合う。Bの人とCの人も合う。であるなら、AとCは合う」と、うまくはいかない場合があります。一筋縄にはいかないのが相性の世界です。

仮に性格的な破綻者であっても何度でも結婚して最後の人で落ち着く人がいれば、性格が良好ながらも人生の中で一度も良縁に巡り合えない人もいます。
この差はまさに樹門流姓名判断の相性の法則の中にその答えを見出すことができると自負しております。
今回は恋人や結婚パートナーとの相性の本質に迫ります。

相性の対象

相性が気になるのは恋人、または結婚など生涯をともにするパートナーでしょう。
恋人の延長にそのパートナーのケースもあると思います。
悲しいかな、極貧生活であれば愛情の持続が耐えかねる時もあるかもしれず、ただ好いただけでは結婚生活は伴わないことさえあります。
ちなみに樹門流姓名判断の相性をみる範囲は、二人の健康面や経済力、そして愛情運がその対象となります。健康、経済、愛情の三点を軸に相性を見定めます。
そもそも相性の範囲は広範囲に渡り、子供が成長し、大人に変わっていくわけですが、その子供との関係での相性もありますし、加えて友人との関係も相性が存在します。つまりは人と人との間に相性は必ず存在するものと考えてください。

どうやって相性を判断する

姓名判断+相性はどうやってみる?2
樹門流占術として『相性』を推し量る術は、名前の中に存在する“運勢型”です。

運勢型とは、運勢を的確にとらえた運勢の器の名称のようなものです。それはみなさんの姓と名を組み合わせた“お名前”から判断することができます。
それはまさに個性で、その個性が引き起こす人生そのものの種類をあらわしています。
「運勢型」が違えば、使命や人生の目的、性質、人生、運勢はすべてが異なります。

名前を姓名判断することによって、“バランス”を調べます。するとそこから、この人はタテ型(A型)だとか、表十字型(F型)などの運勢型を割り出すことができます。

相性は、基本的には二者間から割り出すものです。
ですが、特定の運勢であれば、個人単体の運勢だけでも、パートナーや恋人との結びつきが弱い運勢ということがわかります。
たとえば、オール同数型(別称:E型)という運勢は、『家三代の興亡(※後述)』の三代目で家がつながるかどうかの瀬戸際に誕生する運勢だとわかります。
よって結婚後にこの運勢になった場合はよくよく相性を見極める必要があります。そして仮に、独身時にこの運勢であれば、単体として継続性が難しい運勢の一つとなります。

『家三代の興亡の法則』
『家三代の興亡の法則』を端的に言えば、初代運の人は家を興隆し、二代目は維持し、三代目では衰退・斜陽します。
初代は男系で男の力で家を興隆させ、二代目からは女系化が始まり、男性より女性が優勢となって家の財産を管理します。
三代目は女系化がさらに進み、家(の名誉や財産)がなくなります。
これは日本のみならず、世界のどこでも見られる現象だと考えています。

ではもう一方、相性の原則論の二者間同士の組み合わせでいえば、まず同じ運勢同士の相手だと、夫婦としてのまとまりは弱くなります。
例えとしては、夫がヨコ型(C型)、妻が結婚して姓は変わり、結婚後にヨコ型(C型)となった。要するに夫と同じ運勢型になったとします。
するとたとえ結婚前がどんなに相性はよかったとしても、結婚後の運勢はそうはいきません。年数が経てば経つほど不仲になっていったり、やむを得ない事情から離れなければならなくなったりという現象を生み出します。
これはヨコ型(C型)同士の組み合わせに限らず、同じ運勢で揃ってしまうと同じようなことになります。

その他の二者間の相性は、まさに運勢の組み合わせ次第です。
『相性』が良い・悪いとか、最初は良いが次第にソリが合わなくなるなど時間差が加わります。たとえ仲が良くても病気などで別れなければいけないという悲しい事情まで相性には含まれていきます。『相性』とは実に複雑なものです。

たとえば、よくモテる人というのは、周りの人と比較して、優秀な子孫とか、見目が良い子孫が残せる期待値が高いということです。その個人の精度は不確かなものですが、あくまで優秀な子孫性への期待がある人が、モテる人となります。
ただ現実は一夫一妻制ですから、互いに期待値を見初めた一人だけを選択するわけです。ですから、中には“期待外れ”の人も出てきます。結婚やパートナーを選んだ時点ではその期待値の精度はわからず、晩年など時間の経過によってその結果がわかります。
しかし、樹門流姓名判断の『相性』診断によって、結末より前に“期待値”の答え合わせができる算段となります。

恋人やパートナーとの共通点

姓名判断+相性はどうやってみる?3
相性の本質を一番知るためには互いの運勢を割り出した上で、樹門流占い師を介在してより正確に判断ができるものですが、次の視点からもその相性度を推し量ることができます。
実は、今のパートナー、またはこれまでお付き合いされた方には共通点があります。
お名前、すなわち運勢とは、健康・経済・愛情の三点が継続する名前か、継続しない名前かの二つに別れます。

具体的にはあなたが継続する運勢であれば、ひかれあう相手も継続する運勢で、あなたが継続しない運勢であれば、その範疇の中での出会いが待っていて、必然にひかれあう相手も継続しない運勢ということになります。先の“期待値”の答え合わせの一つは、「継続する」、もしくは「継続しない」という答えで表現ができます。

実際にこれまでの出会いや結婚したパートナーには、次のような家系の系譜が見え隠れしていませんか。

1.あなたが女性:昔の恋人や今のパートナーはいずれかでしたか。

  • 強いリーダーシップがある人や、なかば強引な人。
  • 性格がとても優しく、物静かで、あなたのいうことを聞いてくれる人。

2.あなたが男性:昔の恋人や今のパートナーはいずれかでしたか。

  • あなたより性格が強い人ばかり好きになった。
  • 主体的ではなく、あなたに従順で性格がとても穏やかな人を好きになった。

3.結婚をしてお互いの家を探ると次の傾向が共通項としてあげられますか。

  • 女性が長生きの傾向がある。
  • 男性の寿命が短い傾向がある。
  • 我が家もパートナーの家にも、祖父母代が栄えていた。
  • 我が家もパートナーの家にも、父母の代で栄えた。
  • 我が家もパートナーの家にも、ずっと落ちぶれている。
  • 我が家もパートナーの家にもたくましい肝が太い祖母(おばあちゃん)がいる。

などなど、縁を生じる、もしくは縁を生じた、昔の恋人やそして今のパートナーの性格、そして家系譜をたどると共通の傾向があるかもしれません。
祖父母、父母、自分の家系の中で栄えた代が同じ。または女性が強い女系で支えられてきたなどの共通点があるはずです。
逆にこのような流れが合わないとパートナーとはお互いが縁を生じないという結論にいたります。同じ家の流れ、系譜かどうかはそもそもの相性の出発点を確認することができます。

このような考え方・視点がまさに樹門流姓名判断でしか、たどりつくことができないはずです。

最後に

具体的にはこの占術・姓名判断にある“運勢型”によって、『相性』を見定めることができます。あなたの名前がもたらす運勢型によって引き起こされるものなのです。
相性にたいする“期待値”が果たして本物かどうかを確認するのはどうでしょう。


【定期的に占いの内容を知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://www.mag2.com/m/0000260574
【ホームページで占いを完結したい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受けたい:美シク生キル姓名判断】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。答えられる範囲であればいつでもご質問お待ちしております。またご感想もいただけると嬉しいです。
お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 9 =