直接鑑定ご相談事例

占い的 頭が良い、頭が悪いの違い

頭脳明晰

占い的 頭が良い、頭が悪いの違い1
歴史上で天下を獲った、または獲りかけた偉人は皆、頭脳明晰です。
戦国時代のスター三英傑と呼ばれる、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は三人とも、天才とか、低く見積もっても優秀の類いに所属すると言えるのでしょう。
彼らが現代に生きていても、きっと携わる分野で頭角をあらわすことでしょうから、いつの時代でも他人を圧倒するとか、エゴイズムを貫けるためには頭脳が必要となります。

実は頭脳明晰は自身の“努力”だけでは為りがたいものです。
「あの人を見返すために猛勉強をして試験に受かった。」
優秀になるには本人の努力も必要でしょうが、その努力でさえも運勢の中に含まれています。この場合は、見返すという動機付けと試験に受かる運の良さまでが運勢に包括されています。

頭が良くなるためには、最も重要な要素として遺伝で伝わったもの、先天的なものが必要です。
例えば、大リーガーで歴史に名が残るほど大活躍をされたイチロー元選手は、元々の運動神経はよいでしょう。
その上で努力をするから、その運動神経に拍車がかかり前人未到の分野に到達したのではないでしょうか。
頭脳も運動神経のように先天的な要素が大きいといえるでしょう。
いわば、優秀な頭脳を磨けば天才にもなりうるという話で、要は頭脳の優劣は人生で得た後天性よりも、もっと“前”にあると考えるのです。
その理由をこれからお話いたします。

オトク

占い的 頭が良い、頭が悪いの違い2
頭が良いことは“オトク”です。
そのオトクを、もし漢字をあてるとしたらどんな字が適当でしょうか。
通常は、利益を受けるとか、有利という「お得」だと思うかもしれません。
しかし、この占術では『お徳』が正しいという見解になります。

頭脳の成り立ちは“遺伝”によって形成されます。
ここでいう遺伝とは、肉体の遺伝情報ではなく、“感情”の遺伝のことです。
その頭脳は祖父母や父母からの感情が遺伝することによって伝わります。

その遺伝の法則には、全く質が異なる二つのタイプがあります。
一つは、祖父母代で得たマイナス面を孫をしてプラスにしようとする逆性で伝えるケース。
もう一つは祖父母代がエゴを満たして栄えたので反対に孫は衰退をする、祖父母代が人の光明を奪ったのなら、孫は光明をうばわれる側にまわるという、さながら因果応報的な遺伝のケースです。

頭の良さは遺伝の法則である前者の「マイナスをプラス」へという遺伝作用と考えられます。

祖父母は、無学であったがゆえに苦労して、その結果、人格を潰された。

孫は、人格をつぶされないよう必死に勉強で身を立てようと生きた。


祖父母は、自分の浅はかさを後悔し、苦悩して生きた。

孫は、頭の回転が早く、常に知識欲がある。


祖父母は、周りから白い眼で見られ、屈辱、人格まで押えつけられ、世間を見返したいと思った。

孫は、なんとかして世間をあっといわせて偉い人になりたい。


これらのように祖父母や父母の人生が辛酸を舐め、苦しさや悔しさがあると、それが強く祖父母の精神にも刻まれ、自分の子である父と母を介して、やがて孫にそれらの遺伝情報を伝えます。
孫はその遺伝情報を下に、頭脳性(頭脳の形成)、ひいては性格、人生、それらの複合体である運勢を確立していき、孫は使命を持って人生に立ち向かっていきます。

仮に祖父母が(客観的に優秀であっても)自分の能力の無さゆえに深く傷つき、後悔を強いられたような人生だと思ったのなら、頭脳の賢さをもった孫をして、人生のやり直しを図ろうとします。
祖父母や父母よりもよりよい人生を狙うがために、孫は頭脳明晰をもってして人生を歩みます。

結末

占い的 頭が良い、頭が悪いの違い3
優秀な頭脳とは誰も得られるものではありません。また優秀であってもその頭脳の使い方次第で天国と地獄に分かれます。

悲惨のケースとして、裕福な家に生まれた三代目で頭脳優秀も、詐欺師となった場合。
頭脳が優秀でなければ、ウソとウソを組み合わせ、事実のような話に仕立てることはできません。
過去に自分がついた嘘と今から出る嘘を連結させ、辻褄を合わせるのです。この場合、優秀な頭脳を持つ上で悪用が可能になるわけです。優秀さが仇になるケースがあるのです。

頭脳明晰であるのは祖父母や父母の『お徳』による遺伝ということは申し上げました。
それはもともと、先祖の貯金のようなものでやがては孫=自分の財産になります。その優秀さを善用するか悪用にするかは名前によって結末がことなります。
善用できたとしても、天下人豊臣秀吉は一代ぽっきりの運勢ですが、同じく天下人徳川家康は家が継続する初代運の名前です。
つまり、結末は名前だけが知っているのです。

まとめ

  • 頭の良しあしはあなたの祖父母や父母から授けられたレガシー(遺産)
  • 頭が良い結果でつながる、つながらないケースもあり、名前によってケースバイケース

関連記事

占い的 美人と不美人1占い的 美人と不美人
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:美シク生キル姓名判断】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録お願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください