直接鑑定ご相談事例

中国クローン問題~クローン人間が誕生したら~

中国とクローン

中国クローン問題~クローン人間が誕生したら~1
隣国の中国。
日本と中国は歴史的には深く交わりがある国ですが、日本人の感覚の”海外”の字ヅラのごとく海を越える物理的な遠さと、国体や政体が異なる中国は心理的にも遠いと感じるのは私だけでしょうか。

2018年にその思いを強く感じたニュースがありました。
中国の科学チームが霊長類、猿のクローンを完成させたというニュースです。
もちろん世界初の出来事です。世界中に倫理的な問題としてクローズアップされました。

同年11月には、中国の科学者が、エイズウイルス(HIV)に感染している父親の子がエイズウイルスに感染しないように、これまた世界で初めて遺伝子編集をして双子の女児を誕生させたと発表。世界の科学界に衝撃を与えました。

1996年に「核移植」という手法で、哺乳類としては世界で初めてクローン羊のドリー(スコットランドの研究所)が生まれたのは記憶に新しいと思います。

そして今、核を取り除いた卵子の中に、体細胞の核を移植する「体細胞核移植」という技術をつかってクローン猿は完成したとのことです。羊のドリーとは全く異なる技術は科学の発展ともいえるでしょう。

冷静に考えると、クローン羊の誕生という人類にとって未知なる技術は、その後、石コロのように放置されるわけがありません。原爆の次に水爆が作られたように、どこかで誰かがこのクローン技術を進化させることは歴史の必然かもしれません。それがたまたま中国でおこっただけだと思います。

これからの21世紀は医学技術がさらに飛躍をするはずです。
人類はもっともっと困難な倫理的な問題に直面していかなくてはならないでしょう。
いずれ人間のクローンが作られるかもしれず、近未来にあるかもしれないその話を考えてみます。

題して、クローン同士の運勢の違いについてです。

クローン人間 設定一

中国クローン問題~クローン人間が誕生したら~2
クローン人間が誕生したという設定で樹門流姓名判断の見地から考えてみます。
全く同じ遺伝子を持つクローンの個体が2人存在したとします。

樹門流姓名判断であれば、全く同じ名前であれば全く運勢型(※)になります。
まず一つ目の設定は、クローンの2人の名前が全く同じ名前であった場合です。

例えば、「春子」「秋子」というクローンの姉妹がいたとしても、読みと漢字も違いますが画数は同じなので全く同じ運勢になります。

MEMO
運勢型とは?
あなたの名前(姓名)から運勢がわかります。
その運勢は数十種類の運勢の器(タイプ)にわけられます。
性格・使命・因縁(家系の流れ)・出生順位、そして総括された運勢が集約されています。運勢型によって皆、人生や運勢は異なります。

これが赤の他人同士であれば、レベルはありますが人生を普通に、それぞれ2人はその運勢の範囲内で互いを干渉せず、人生を満喫できる場合があります。

しかし、クローン人間ということは授かった親、その父方と母方の祖父母は同一人物です。クローンの2人はいわば、兄妹で家族そのものです。

もし、そのクローンの2人が同じ名前で同じ運勢型であれば、どちらがその運勢の範囲内で優勢になります。そして運勢的に互いの人生を干渉することになり、どちらかが劣勢の人生、および運勢になります。

これはみなさんにもぜひ覚えていただきたいのですが、クローンに限らず、家族内に全く同じ運勢型がいると、二人は運勢的に争います。そしてどちらかが勝ち、どちらかが負けます。
それはどちらかが優勢の人生を歩み、どちらかが劣勢の人生を歩みます。
その対象は健康面、経済面、愛情面の三つのベクトルです。

クローン人間 設定二

中国クローン問題~クローン人間が誕生したら~3
二つ目の設定はクローンの2人の名前が違い、かつ、異なる運勢であった場合です。

実はこれは同じようなシチュエーションが自然に、つまり全く同じ遺伝子を持ちながらも異なる運勢を持つ人たちが、みなさんの周りにも(やや)身近に存在します。

それは双子です。
受精卵が“ある”時に二つに分割した一卵性の双子がそうです。
遺伝的には一卵性の双子は同一人物です。
しかし、同じ遺伝子であっても2人の名前の運勢型が違えば、全く違う人生となります。
実際にいる双子の名前をみると、ことなる運勢型になっていることが多い傾向があります。
(ただし、春子と秋子のように同じ運勢になると干渉しあいます。)

実際に近い未来、もしくは遠い未来にクローン人間が誕生したとしても…。
樹門流姓名判断の見解としては双子で説明をした通り、クローン人間の運勢は名前が違う、かつ、運勢型が違えば全くことなる人生、運勢となります。
名前とは、かのように不思議なものです。

最後に少し心配な点です。
双子が生まれる運勢の仕組みがあります。
それは双子からみた祖父母代で無理な中絶などで生まれなかった子がいます。
世に出なかった子がいたためにその反動で双子が誕生します。いわば家系内の人口調節の作用の結果で双子は誕生します。
人類がまだ見ぬクローン人間ですが、もし仮にクローンが誕生したとしても、そのクローンが誕生する運勢の仕組みは双子と似ているはずです。
その場合、クローン人間は双子を上回る因縁を乗り越えて誕生するはずです。

関連記事

双子はどこが違う1双子はどこが違う?
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください