直接鑑定ご相談事例

樹門流姓名判断 × 主体性がない世界

今日は魂ゆら占い無料姓名判断で「上下型(別称:D型)」か「中順序型上下系(L型dタイプ)」と判定をされた方に該当する運勢についてです。

魂ゆら占い

人のために尽くす

樹門流姓名判断 × 主体性がない世界1
樹門流姓名判断のある一つの運勢の要素に『養子相(ようしそう)』があります。
上の運勢が該当しない方も、『養子相』の運勢について、ぜひ皆さんも知っていただけたらと思います。

『養子相』の人の運勢は、本意・不本意を別にして“人のために尽くす”その一点にあります。
「人に尽くしてはじめて自分の道が拓ける」わけなのですが、現実的に考えると不可解な人生です。

あなたが『養子相』であれば、成長するにしたがって、人のために尽くす人生がまっています。
進む人生においてはどこか自己本位ではなく、他人やパートナー、そしてパートナーの家(義父母の家)に貢献することによって、はじめて自分が活かされることになっていきます。
主体性は常に“外”の世界にある、不思議な運勢が『養子相』の人にあります。

主体性

要するに主体性がないわけです。
環境が良ければ、人との出会いに恵まれ、学友と切磋琢磨する環境にもなるかもしれません。
一方で、妥当な表現ではありませんが、『養子相』の人が不良のたくさんいる地域に生まれたとしたら、思春期を迎えるころには不良になっている確率が高くなります。
ほかのどの運勢よりも環境に染まりやすい傾向がこの運勢にはあります。

しかし、問題はたとえどんなに環境が良かろうと悪かろうと、自分の主義主張や意向は通らず、主体性がない受け身的な人生というのは共通しているようです。

樹門流姓名判断 × 主体性がない世界2

養子相の運勢の名前

あなたの名前(姓名)から運勢がわかります。
運勢は数十種類の運勢の器(タイプ)にわけられます。
性格・使命・因縁(家系の流れ)・出生順位、そして総括された運勢が集約されています。運勢型によって皆、人生や運勢は異なります。

その運勢のタイプの一つに「上下型(別称:D型)」、もう一つ「中順序型上下系(L型dタイプ)」があります。
この二つの運勢に共通するキーワードがあります。
それが今回の主体性がない人生である『養子相』という運勢です。

性格

主体性がなく、養子的な生き方をする以外に性格的な特徴を言うと、

  1. まじめ・実直
  2. 泣き言を言わない
  3. 豪放磊落(竹を割ったような性格)(主にD型)
  4. 一匹狼・自力本願
などがあります。

生まれるポジション

実際に出生するポジションとしては、末っ子に生まれることが望ましく、『養子相』を別の言い方をすれば、“もらわれっ子”という意味があります。
両親からすれば、出生時はいてもいなくても構わないような立場で生まれます。
(成長するに従い、その状態のままになる場合もあれば、逆に親の頼りにされる場合もあります。)

『養子相』の人は養子のような人生になりやすく、実際に他家に婿養子に入ったり、たとえ自分の姓に妻を迎え入れてもお嫁さんの方が強い、女系の人となります。

スーパースター

樹門流姓名判断 × 主体性がない世界3
自分の意向を通せないのは、“我が強い”人からすれば誠に耐えられない人生のはずです。
自分は人のために尽くしたくない、自由きままに生きたいと願う人からすれば、本記事は批判の対象になるでしょう。
その気持ちは痛いほどわかります。

実際に皆さんもよく知っている国民栄誉賞をもらったスーパースターがこの運勢で、あえてそのスターの名前は出しませんが、この記事を読んだ上で、そのスターの名前を聞けば「まさか!?」という言葉が出てくるかもしれません。
しかし、そこで立ち止まる必要があります。
あなたがそのスーパースターを知りえている部分は経済面(社会性)だけではないでしょうか、と。

どんなに経済的に優れていても、愛情をたたかれる『養子相』の人がいます。
パートナーが良夫(または良妻)との愛情と、そして経済に恵まれていても、子供やその他の親族からの愛情面で悩む『養子相』の人もいます。

『養子相』の人は『家三代の興亡』の法則(※)でいえば、初代運ではなく、女系化した家に生まれます。
L型dタイプで良い面をいえば、日本の最高学府の卒業生にも多い運勢であるのも最大の特徴です。勉強はできるのです。
主体性がない『養子相』の運勢をざっくりとご紹介いたしましたが皆さんはどのように感じたでしょうか。

『家三代の興亡』の法則
祖父母や父母とあなたにつながる、あなたの家の中の興亡で、名前によってどの代(初代・二代目・三代目)にいるかがわかります。
まず「初代」にあたる男性は能力や体力の面で優勢で、その家を経済的に栄えさせます。
「二代目」は初代(父)が蓄えた経済性を維持し、男性はどこか頼りなく、しっかりとした女性と結ばれます。この時点で女系化がはじまります。
「三代目」となるとこれまで維持してきた経済性は無くなり、男性は劣勢の立場になり、強くたくましい女性と結ばれます。姓がとだえたり、没落するなど、家がつながるかどうかの瀬戸際の代にあたります。

関連記事

集まれ!婿養子!1集まれ!婿養子!
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください