直接鑑定ご相談事例

姓名判断+30代の引きこもり・ニート社会復帰案

引きこもりの告白

姓名判断+30代の引きこもり・ニート社会復帰案1
「すでに32歳になりました。
就職活動に失敗してから引きこもりをはじめ、10年が経ちます。
当たり前のように親にお金をだしてもらう罪悪感は普通の感情になり果てつつも、風の噂で学生時代の友人が結婚すると聞くたびに、さまざまな感情が交錯する自分がいます。
このままではいけない、という将来の不安はあるのだけどなかなか前に踏み出せません。

働いている自分を想像ができない。
それでも前に出たい気持ちが時折出てくるのです。
なにかをきっかけにした心機一転の出来事があればどんなにラッキーなことでしょう。」

引きこもりの実体

姓名判断+30代の引きこもり・ニート社会復帰案2
内閣府の「ひきこもり」の定義は、就学や就労、家庭以外の交遊などの社会的なつながりが半年以上なく、趣味の用事や近所のコンビニに行くほかに自宅から半年以上、外に出ない人としています。

統計では全体で100万人以上が引きこもり状態にあるという分析もあるらしいのです。
ちなみにニートとは、15~34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」がニートと呼ばれています。
引きこもりとニートでの本来の定義は違いますが、今日はあえて一緒くたにニートも引きこもりの概念に組み入れて話を進めます。

自由と不自由

「引きこもり」は自由です。
好きな時間に起きられます。
好きなテレビ番組をひたすら見ていられます。
昼寝も好きな時にできるのですから相当“自由”はあります。

でもその自由にも矛盾があることも自覚の隅またはその真ん中にあります。

  1. お金は無限ではない
  2. このままでは仕事が見つからなくなってしまう
  3. 社会的信用を失くしてしまう

そして一番考えたくないのは、

  1. 恋愛も結婚もできない
  2. 親の強い意志次第で援助がストップしてしまう
  3. 健康問題から親はいつかいなくなってしまう

自身の生活における矛盾点を考えたとしても、就職活動、または就職後への不安や恐怖はそれでも大きいと思います。
では、それをどのようにしてその問題に向き合えばいいのでしょうか。

具体的な夢がみつかればラッキーですが、これらの自由と現実の葛藤が続くのです。

きっかけ

一般的に、引きこもりになったきっかけは「職場になじめなかった」「人間関係がうまくいかなかった」「病気」などの回答が上位を占めています。

他には、いじめられて中学・高校で不登校や、学校を退学して引きこもりになったケース、大学受験に失敗して引きこもりになった。冒頭の方のような就職活動も同様で、いわゆる、挫折経験がそのきっかけとなっているケースも多数を占めていると言われています。

葛藤

「このままではいけないことは本人が一番わかっているけど、居場所は自分の部屋しかない。どうすればよいかわからない。時間だけが過ぎていく。」

性格の特徴も次のような方が多いといわれております。

  1. 傷つきやすく、ナイーブな人
  2. 自信のない、ネガティヴな心理が勝る
  3. 自責感やあせり、そしていらだちを抱える
  4. 助けを求めたいけどためらってしまう
さまざまな心理が交錯して、葛藤で胸がつぶれそうになりそうながら、戦っている姿が想像できます。

支援

引きこもりの方にたいして一般的な支援方法は何があるのでしょう。
筑波大学教授で精神科医の斎藤環先生によると、まず本人は、社会にも、そして家族にも接点がないと仰っています。

さらに問題はその家族も、社会に接点がないというのです。ゆえに本人も、そして家族も相談をする相手がおらず孤立を深めやすいといいます。

現実的な支援として、最初に考えられるステップは家族がより親身に、本人と接点を持つことといわれています。
その次に本人と家族が、お医者さんと連携して「個人療法」や「集団療法」など、いわゆる社会での居場所やグループに所属するなど、ソーシャルな関わりが必要だといわれています。その上でいよいよ就業というステップが見えてきます。

引きこもりの階層構造をまとめると、

  1. 本人
  2. 家族
  3. 一時的な社会の関わり
  4. 就職
の4層構造が見えてきます。

この占いができること

話は変わります。「引きこもり」について樹門流姓名判断の見地です。

仮に、次のような原因で現実的に引きこもりになったとします。
・親は子の要求に従うがままエスカレートしていった。
・子の能力(ADHDなど)や病気で問題があった。
・人と接するのが苦手であった。

際限なくお金を与えられる環境があって引きこもりになったとしても、病気というやむを得ない状況であったとしても、引きこもりになる人は運勢的に「三代目」の可能性が非常に高いと考えています。
ただし、これはその全員ではありません。場合によっては、継続する代の人もいるはずです。

その答えは名前を樹門流の姓名判断することによって、家の中で栄えている代、衰退する代のどの代にいるのかがわかります。
『家三代の興亡(※後述説明)』という法則があるのですが、名前からその人が初代運なのか、二代目なのか、三代目にあたるのかを判断できます。

初代はその家を興隆させる人で、家を興す人です。能力的に優秀でその家の中で隆盛を誇ります。二代目は財を維持する代で、運勢的には人生の後半が下り坂になっていく傾向があります。

そして問題は三代目です。財産が目減りする代に該当します。三代目の本人が結婚をしない、子供がいないなど、その家の姓が無くなってしまう瀬戸際の代です。
三代目で姓が継続しない代を「絶家代(ぜっけだい)」と呼びます。
(三代目でも継続する場合は三代目のその子供が初代になることがあります。)

「引きこもり」になる人は、三代目であり、同時に「絶家代」の名前になっているケースがあげられます。それともう一方で、途中で社会に復帰する二代目のケースとする、大きくわけて二通りが考えられます。

『家三代の興亡の法則』とは?
祖父母や父母とあなたにつながる、あなたの家の中の興亡で、名前によってどの代(初代・二代目・三代目)にいるかがわかります。
まず「初代」にあたる男性は能力や体力の面で優勢で、その家を経済的に栄えさせます。
「二代目」は初代(父)が蓄えた経済性を維持し、男性はどこか頼りなく、しっかりとした女性と結ばれます。この時点で女系化がはじまります。
「三代目」となるとこれまで維持してきた経済性は無くなり、男性は劣勢の立場になり、強くたくましい女性と結ばれます。姓が途絶えたり、没落するなど、家がつながるかどうかの瀬戸際の代にあたります。

占いからみる改善策

姓名判断+30代の引きこもり・ニート社会復帰案3
「引きこもり」の本人は二代目、もしくは三代目で絶家代の可能性があると申し上げました。
もしもその親が初代であれば、本人は二代目。親が二代目であれば三代目の名前になっているものです。なぜなら、初代がいるから二代目が、二代目がいるからこそ三代目が生まれるからです。

家族や家系という流れの中に私たちは存在します。特に樹門流姓名判断では父母や子の流れを問題にしないわけにはいきません。
この占いの立場からすれば、親の教育という現象云々が引きこもりの本当の理由ではありません。名前をみれば、誰であってもその位置に生まれることがわかります。その名前になると”そう”なるという話です。

40代満喫説

30代に向けてのアプローチです。今のあなたが30代だとして話を進めます。
すると十年後は40代になっています。その40代に向けて、40代で再起をはかるために次のように考えてみてはいかがでしょうか。

題して、40代人生満喫説です。
一般に40代は働き盛りと言われてます。
社会的には社会人10年・20年以上が経ち、仕事は見事か、それなりの成果をあげることができる年代であります。仕事をそつなくこなせるのが40代の強みです。

また体力的にも無理ができる年齢です。
たとえば、東京・名古屋間の日帰り出張があったとしても、疲れはしますが体力的には問題はありません。でも、これが50代、60代になると体に無理強いをするのではないでしょうか。

くわえて、40代はプライベートでも充実感がある確率が高いといえるでしょう。
両親の多くは70代でその年代は平均寿命から健在率は高いですし、自分の子供も10代(前後)でカワイイ盛りです。上の代も下の代も居る喜びが40代にあるわけです。
あなたが30代でいまそこにいるのなら、充実感がある40代に間に合う可能性があると考えるのです。

この話を踏まえて、その40代を迎えるために心機一転して、前に進む一つのきっかけはいろいろあるかもしれません。
引きこもりが取り巻く階層をさきほど申し上げましたが、そのうちの2段階目の家族内での親身な相談がまずはできることを期待しております。
そして、3段階目である、一時的な社会の関わりへのステップアップに個人療法など外部と接触があると思います。

当方からの提案は、その3段階目の社会の関わりの一端に、わたしたち樹門流占い師による鑑定を加えていただくということです。もしも当方をご選択の際は、真剣に、そのきっかけになれればよいと思います。
それはそれにして、最終的にご意向が貫かれることを願っております。


あなた(名前=姓名判断)は何代目なのでしょう?
参考 占い師による直接鑑定してみませんか美シク生キル姓名判断
【定期的に占いの内容を知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いを完結したい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受けたい:美シク生キル姓名判断】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。答えられる範囲であればいつでもご質問お待ちしております。またご感想もいただけると嬉しいです。
お問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください