姓名判断:女性は九年で完成する

『赤ちゃんは母の胎内で十ヶ月の旅をへてこの世に出る。そして、およそ九歳になるころに頭脳の構造が確定する。』
九年(九歳)というのはその人の運勢が定着する年限で、名前の中には運勢があり、その運勢が完成する必要な期間が九年ということになります。
姓名判断:女性は九年で完成する1

名字:苗字:姓が変わる

日本では結婚をすると、名字が変わるのは女性が多いのでその女性を例にします。

『元気な、元気な女の子の赤ちゃんが無事に誕生しました。』
実は母の胎内の十ヶ月で、脳の育成は原型の原型がこの間充分になされています。
そして三歳になる頃には性格を含む運勢の輪郭は出来上がり、六歳には輪郭は特定され、九歳になると固定化されます。
『時は流れ、その赤ちゃんである、女の子は両親からたっぷり愛情をもらい、立派な大人の女性になりました。そして会社で知り合った男性で出会い、交際を経て結婚。女性は結婚をして男性の姓になりました。』

変化

姓名判断:女性は九年で完成する2
ここで女性は姓が変わったことにより運勢が変わります。姓と名の組み合わせで運勢が決まるからです。
鈴木さんから鈴木さんのように同姓になる場合には運勢は変わりませんが、このケースはどちらかと言えばマイナーです。メジャーケースである違う姓に変わると運勢が変わります。
運勢が変わる時、運勢に含まれる性格も変わります。この時、女性には変化が起こりはじめます。この変化、運勢だけではなく、頭脳にも変化がでてきます。
この変化の完成も、また九年の歳月が必要になります。

変化の内容

おかしな例になりますが、結婚前が「笑う」という性格、結婚後が「笑わない」という性格だとします。たとえた性格は運勢ととらえても大丈夫です。
もともとの名前(姓名)は笑う人だったのに、結婚して笑わない人になっていきます。
その変遷は結婚してしばらくは、まだ笑っています。そして段々笑わなくなっていき、結婚して九年後には笑わなくなります。
ただもともとは笑う人だったということを考慮すれば、結婚して九年後であっても笑うことは体では覚えてはいるのですが、笑えなくなる状況になるほうが的確な表現かもしれません。運勢(性格)の変化とはその運勢の枠に見事にはまっていくことになります。

名前が変わること

姓名判断:女性は九年で完成する3
名前が変わるということはそういうことです。
元の名前で「笑う」人が結婚後に「笑わなく」なる。
これは性格・運勢の変化、もしくは追加とみてよく、だれからも好かれたいという思いが強くニコニコと笑っていた人が、結婚を期に、いやいや他人からそう思われなくてもよいという思考に変化する。
そして、人からどう思われるかよりも、むしろ自分がいかにねらってところ、その狙っている場所にいかに到達できるか、勝つためにはどうすればよいかを真剣に考える思いが強くなった時に”自然”と笑う余裕がなくなった。これがその変化で考えられる一つのストーリーです。
頭脳の目的の変化が”笑う”から”笑わない”に変貌させたのです。

名前の、運勢の内容が変わるとこのような変化が起きています。ですから最後の名前(最後についた名前)がいかに大切かということになります。


【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です