直接鑑定ご相談事例

姓名判断的×不倫の結末

不倫の結末 其の1

姓名判断的×不倫の結末1
『不倫』は“蜜の味”という話を耳にしたことはないでしょうか。
それはいわゆる男女の情事のことです。
互いにフリーな恋愛と比較すれば、どうやら一味も二味も違う興奮があると言われています。普通の恋愛では味わえないスリリングがあるのでしょうか。
しかし、現実の不倫は多くのリスクを背負っている現実が待ち構えていて、フィクション話としてマナさんのケースを用意してみました。

大手IT系会社に勤めるマナさん(38歳)。
彼女は、9年前に部署は違うものの、同じ会社に勤める1つ先輩のユウジさん(39歳)と結婚。


2人の子、長男(8歳)と長女(6歳)に恵まれて、休みの土日は子供たちといっしょにキャンプにいったりと、仲間うちからも羨ましがられるほど、仲が良く幸せを絵に描いたような家族でした。

ある時、マナさんは六ヶ月の期間限定で勤めている会社の“子会社”に、ヘルプ要員として出向、新しい環境に移ることになりました。
新しい会社では、マナさんはプロジェクトリーダーとして、親会社とのやり取り、設計、現場調整など任され、子会社に勤めるサブリーダーのサトシさん(41歳)といっしょにチームを引っ張っていくことになりました。
なお、サトシさんは10年前に結婚した奥さんと二人暮らしです。


すぐに新しい会社の環境にもなれ、たまに定時を過ぎてしまう時は、夫のユウジさんにご飯や子供たちの面倒を見てもらいながらも、プロジェクトは順調に進んでいきました。

ところがある日、危うくプロジェクトが中止にもなりかねない事態を、マナさん自身が引き起こしてしまいます。
混乱するマナさんに対して、サブリーターのサトシさんが見事にまとめ上げ、危機は免れます。プロジェクトはむしろチームとして、一丸性を増して再度、進み始めます。
マナさんは改めてサトシさんの能力、何より器の大きさとともに、人としての良さを再認識します。

後日、仕事の合間のランチを利用してサトシさんを誘います。
それはあくまで先日のフォローアップのお礼としてでしたが、色々話すうちに趣味など、たくさんの共通点があってとても楽しいものでした。

サトシさんもまた、マナさんをランチに誘うなどお互いがそれを繰り返します。二人きりのランチ会を重ねるうちに、互いに異性として魅力を感じていくようになります。

そしてプロジェクトは無事に終了して、マナさんは親会社に戻りました。
しかし、マナさんはサトシさんに会えない空虚感に襲われます。それはサトシさんもおなじでした。
子会社の旧プロジェクトの改修を口実に、土日も出かけて家を留守しがちになります。
二人は週末の土日を使って逢瀬(おうせ)を重ねるようになってしまったのです。


しばらくして、夫のユウジさんは異変に気付いてマナさんに問いただします。
するとマナさんは開き直ったように「あなたと別れてサトシさんと結婚したい」といいます。
夫であるユウジさんは深い絶望と、同時にこれまでフォローアップし続けた家族が裏切られたことに対しての怒りがこみ上げてくるのでした。
話しあいの末、子供たちの親権はユウジさんとなり、離婚が成立します。

一方でマナさんの離婚が成立したその頃、サトシさんの奥さんは探偵を雇い証拠写真を集め、親会社や子会社にも内容を暴露し、サトシさんとマナさんにも慰謝料を請求します。
二人の情事は会社にも知られることになり、二人は同僚から信用がなくなって相手にされなくなります。
マナさんは会社に居れなくなり自主退職します。

結婚の約束もした二人でしたが、サトシさんも会社に入れなくなり退職、精神的に追い詰められ精神病を発症してマナさんとの音信が途絶えてしまいます。
結局、不倫が行き着いた先は、マナさんは離婚し子供とも離れ、会社も辞めて、一人で暮らさないといけなくなってしまったのです。
不倫の代償はあまりにも大きすぎました。

姓名判断的×不倫の結末2

不倫の男女格差

男性の性の役割は、非常に動物的で種をまくのが男の役割です。
隣地境界線に他の男が入ってこないように自然と縄張り意識がつよくなります。
よって、男性は生来、攻撃的な生き物とみなすことができます。

一方、女性の性の役割は直接的に種を育てる動物で、一定の場所に土着して保守します。
保守の意味は家の保守、子どもたちの保守で、守るものがたくさんある分、男性より多くのしがらみを共有することになります。
男性と比較するとその傾向は顕著で、否が応でも保守的な生き物になります。

男性を擁護するわけではありませんが、肉体的な構造から、男性の方が不倫をする率は女性より高くなります。
女性は肉体的な構造からすると、もし不倫をするのなら真剣に不倫をせざるをえない実態が浮かび上がります。新たなコミュニティを直接的に守る(保守)必要があるからです。

男女の“性質”や“構造”は全く異なります。その“身軽さ”ゆえに確率的に、不倫が男性に多いとするのは暴論ではないでしょう。
もしも男が妻以外で、少なくても好みの女性に関係を迫られたら、理性がなければ男女関係になっていくことは容易かもしれません…。
実際には、“理性”がそれぞれの人生を決めることになります。
ここでいう“理性”は運勢に置き換えることが可能です。

もちろんいうまでもなく、不倫は戒めるといえるでしょう。

不倫の結末 其の2

姓名判断的×不倫の結末3
冒頭の話とは違い、不倫の末に子供ができるケースがあります。
夫と妻との間に子どもが恵まれず、不倫相手ではじめて子どもができるようなことがあります。悲劇ですが事実としてありえます。

登場人物は夫、妻、不倫女性(愛人)とその子の計4人。
樹門流姓名判断には“魂の出生順位”という言葉がありますが、簡単にいえば、“魂の出生順位”とはその人に与えられた絶対的な位置、ポジションのことです。
それを名前だけで割り出すことができます。

原理は「3男相」の男性は「3女相」の女性と結ばれ、その組み合わせを正真正銘の『赤い糸』と呼んでいます。
そして「3男相」か「3女相」の子どもが家系をつないでいきます。

家の主流になりうるのは現在の少子化を考慮して兄弟姉妹が二人や三人であれば、1人の子だけになります。それは“一人っ子”であっても親と同じ出生順位である必要があります。

登場人物の出生順位は次の通りに設定します。

  • 夫 (3男相)
  • 妻(2女相)
  • 愛人(3女相)
  • 子(3男相)

まず夫(3男相)と妻(2女相)は出生順位が合いません。
しかし、夫(3男相)と愛人女性(3女相)は出生順位が合います。
そしてその子が(3男相)であることから、夫の姓は、愛人女性との間に生まれたその子どもが継承していくことが想定できます。

これらのワイドショーのような話。その事実はこのようにできています。
飛躍的ですが、少なくとも皆さんの家系のどこかで、ひょっとしたらいつの時代か、このようにして家系がつながってきた・いく時があるかもしれません。

もしも今回の愛人を、先妻・後妻の「後妻」に置き換えたとしたら、妙に現実的な話になってはこないでしょうか。後妻との間にできた子で継承するということです。(先妻の子でつながることもあります。)

家がつながることはこのようにしてつなげてきた代が必ず存在します。
そして、どの家も実質的に離婚や再婚を繰り返した経緯があるはずです。
もちろん、その中には悲劇があって、悲劇を乗り越えてのつかのまの喜びでもあります。

関連記事

ヒトリデイキル名前(姓名判断)1ヒトリデイキル名前(姓名判断)
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録お願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください