直接鑑定ご相談事例

姓名判断で解く後継者問題

後継者問題

姓名判断で解く後継者問題1
会社に後継者がおらずに、高齢になり廃業をせざるを得ないケースが社会問題になっています。
自身の子供が会社を継がずに、もしくは次の成り手がおらず自分の代で会社を閉じる。その中で望む廃業と、望まない廃業があるといいます。

会社の生産性が低いのであれば、淘汰(とうた)としての休業や廃業はやむを得ないとは思いますが、実績や資金繰りになんら問題がないにもかかわらず休・廃業に追い込まれるケース、特に中小企業で70代の経営者を持つ会社に多いというのです。

日本の九割以上の企業が中小企業です。
そのうちの6割(66.4%)の企業に後継者が不在といいます。

最近ではネットを介して事業継承をマッチングするような仕組みが出始めていますが、ひょっとしたらそれはまだ緒に就いたばかりなのでしょうか。
今後、より一層の活用が期待されます。

中小企業の後継者問題

「創業した会社が大きくなり、自身は会長になり、わが子が社長となる。
ゆくゆくは孫が成長したら次期社長を期待している。」
そのような親子での二代、もしくは三代に渡る同族経営は上場企業でも53%にのぼり、中小企業を含めると9割以上が同族経営といわれています。

有名どころとしては、イオングループの社長の岡田元也氏は岡田家の八代目です。
父の卓也氏がジャスコをつくり全国的規模に広げたもので、元也氏はイオングループとして二代目に相当します。

他には同族経営はトヨタ、サントリー、竹中工務店。
外国でも同族経営はたくさんあります。ウォルマート、フォルクスワーゲン、フォード、BMW、プジョーなどです。

同族経営にはメリットとデメリットがあり、それはさておき、苦労して創業した初代からすれば、わが子に苦労をさせたくないという親心もあるでしょう。
先にあげた「自身が会長に、子が社長」となった時に、もしそのわが子に子(孫)がいなかったら。
その時に会社が大きければ大きいほど、会社にとっては一大事、会社の方向性にかかわることですから多いに悩むことになるでしょう。

同族経営がさらに多い中小企業にとっては、後継者の子息や息女が未婚で子どもがいないのは大企業よりも深刻かもしれません。
中小企業で次の後継者がいない事実は会社の進路に直結していくからです。

次々代のための会社の存続・非存続を見越した金融機関の長期融資の問題がでてくるかもしれませんし、会社の存続性のうえで、従業員の将来を考える必要も出てくるからです。
後継者が結婚している・していないというのは、後継者の人生はもちろん、会社にとってもターニングポイントになる問題だといえましょう。

樹門流占いでは健康・経済・愛情、これらが過不足なく、そしてその三点がバランス性に優れ、継続する名前を『幸せ』だと解きます。
もし後継者が子孫性に問題があるとしたら、それは先の三点の一つ「愛情」が弱い名前になっているかもしれません。

家自体がつながるということはとてもたいへんなことです。それはこの樹門流占いを日々行えば行うほど、その骨折りさが骨身にしみてきます。
それらの“継続性”をまずは見定める必要があるかと思います。
そのためには一度、樹門流占い師の直接鑑定で名前を拝見させていただくことが価値あることにつながっていくと思います。

後継者の選択

姓名判断で解く後継者問題2
「自身が会社の創業者で、三人の息子がいる。
どの子を社長にした方が会社にとってベストの選択なのかがわからない。」

このようなケースで鑑定にお見えになられるお客様がいらっしゃいます。
親からすれば平等に可愛いわが子。どのような判断がすればよくわからない、という趣旨です。

具体的にお客様の思考に分け入ってみましょう。
お客様の最初の鑑定への動機は純粋に占いに対する「判断」、その期待です。
もし後継者になる子が占い師と自分が同じ考えであれば、背中を押してもらいたい…。
しかし、鑑定後の考えはただ単純に背中を押してもらうような内容でなく、「その子しかありえない」という考えになるお客様のパターンが多いような気がします。
  
その理由はこの占術の内容においてほかはありません。
その詳しい内容は「百聞は一見にしかず」ですが、その方、そしてご家族の名前の構成によって答えは無数に存在します。

鑑定をご依頼する場合はおおよその手順をご紹介いたします。

1.鑑定する樹門流占い師の先生を決める

電話鑑定と、対面鑑定の場合は鑑定事務所が占い師によってことなります。
また、先生によっても鑑定料金がちがいます。

  • 二代目樹門幸宰:東京(出張もあり)
  • 始祖 樹門幸宰:東京
  • 小川 実裕紀:(電話鑑定のみ)
  • 季樹 美加:小田原
  • 小宮山 諄朋子:長野上田
  • 菅 豊宥子:東京
https://www.jumon.co.jp/menu.html

2.鑑定される名前を伝える

後継者鑑定であれば、会社鑑定も必要ですので会社名、現社長の名前。お子さまの名前(社長候補者の名前)となります。

3.その他、鑑定日時を決める

鑑定当日に、対面鑑定であれば予約日時に各事務所にご来訪。
電話鑑定であれば予約した日時に各先生に電話をかけていただきます。

後継者鑑定

樹門流姓名判断の見地からとなりますが、わが子にも相性があります。
親からの受け継いだ有形または無形遺産を守る子。親のそれらの遺産を否定する子。
その結果の良し悪しはその名前によります。

母とその子供の相関で考えても、腹をいためて産んだわが子でさえ、反りが合う子、合わない子が存在することは人生を経験すればするほどご理解ができる話かと思います。
親から子への継続性にも親と子の相性の法則が存在します。
占い師による直接鑑定では厳粛なる法則性をお伝えいたします。

二代目樹門幸宰

一度占い師による直接鑑定(対面or電話)を受けてみませんか?

美シク生キル姓名判断

関連記事

【姓名判断】会社の運勢・社長の運勢1【姓名判断】会社の運勢・社長の運勢
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】https://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】https://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:美シク生キル姓名判断】https://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録お願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください