仕事運×樹門流姓名判断

仕事運×樹門流姓名判断1
「会社を経営している」
「自分の進む道に悩みがある」

ほかには、“自分にとっての適職はあるのか” “実際に仕事運を占ってほしい“ など、今回はズバリ、自身の仕事運に悩みがある方への記事です。
(執筆時2018年現在)富裕層と非富裕層が二極化したような現在の日本の経済状況であれば、これからの先行きに不安を覚えるのは当然かもしれません。世代における世のとらえ方はみな一様ではありません。人生いろいろ、悩みもいろいろで、年をとるごとに増えていく悩みの質も異なるでしょう。
一方で、やることなすことが成功するような行け行けドンドンの人は、まずこの記事にたどりつかないかもしれません。彼らにとっては占いが“迷信”かもしれないからです。
しかし、間違いなく言えるのは、“彼ら”も含めた一人ひとり皆さんには運勢(仕事運)が存在するということです。

仕事運

樹門流占術で仕事運が“ある・ない”はどのようなことを言うのでしょう。
幸せの名前の定義としては、『健康』があること、『金銭』があること、『愛情』が不足しないこと。以上の三点がバランスに優れ、継続する名前を幸せと言います。
仕事運はこの三点のうちの『経済』に相当しますが、そのバランス性と継続とは日々の生活を維持できること、食べられることです。

生きていくためには働かなければなりません。そのためには働くことができる健康があること。健康な体で働くことをベースメントとして、仕事への意欲や“やりがい”が出てきます。
また、仕事をやめても次の仕事がある場合は、仕事運が“ある”状態と言えます。
さらにいえば、仕事をするためには能力が必要です。その能力や労働時間、成果に対する対価がサラリーとなります。先ほども説明した仕事を続けられる健康な体も条件にあって、あわせて頭脳のよさに応じて対価の報酬に違いが出てきます。なによりも頭脳の有無が仕事運を生み出すことはだれが見ても明白です。

二代目樹門幸宰

ちなみに健康であって、経済が豊かであっても、愛情である親子愛、夫婦愛、子孫愛がなければ幸せとはいえません。

判断基準

つぎに占術からみた“仕事運がある”人の判断基準です。名前にはさまざまな暗号が隠されていますが、その多くの要素の中から仕事運を見極める上で、『頭脳性』と『家三代の興亡』の二つを重視する傾向があります。
『頭脳性』からは、創造性、感性、飛躍性、悟性などの頭脳に応じた適職がわかります。『家三代の興亡』からは、その人が家の中で繁栄し栄える代なのか、反対に衰退し下降する代なのかがわかります。これは祖父母や父母、そして自分、つまり家の中での浮き沈みを表していて、初代、二代目、三代目という区別をします。これが名前だけでわかります。

名前の力

仕事運×樹門流姓名判断2
あなたの名前が、『家三代の興亡』でいうところの「初代運」であれば、人生の前半は紆余曲折がありながらも人生の後半に花が開きます。
あなたが「二代目」であれば、人生の前半や中盤は良いものの後半が下降気味です。
あなたが「三代目」であれば、能力や才能があっても最後は運勢が味方してくれません。
一人ひとりが持つ名前の力=運勢によって、全くことなる仕事運が待ち受けています。
仕事運を鑑定する方法は二つ。
魂ゆら占い有料メニュー「仕事総合運」、もしくは仕事運を含めた総体的運勢を樹門流占い師に鑑定してもらう方法があります。ご参考までに。

参考 仕事運について知りたい方(無料メニューもあり)魂ゆら占い 参考 占い師による直接鑑定してみませんか運勢の相談室
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です