最低限覚えておきたい「手相」の知識あれこれ

最低限覚えておきたい「手相」の知識あれこれ

未来を占ってもらうために「手相鑑定」を検討している方も多いのではないでしょうか。そんな時に
手相に関しての予備知識があったのなら、占いを依頼した時に理解が少し早くなるかもしれませんね。
「生命線」「感情線」といった言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、それがどういった役割を持ち、どのような形が一般的に「良い」とされているのかはあまり浸透していないと思います。今回はこのような手相鑑定を依頼する時に最低限知っておきたい知識をご紹介します。

手相鑑定で知っておきたい3つの「基本線」

・生命線
親指と人差し指の真ん中辺りから、手首に向かって伸びている線を指します。一般的には生命線は「寿命の長さ」と考えられていますが、生活環境や生命に関するトラブルに関しても表しており、さらには線の太さ・細さにより性格も表しているそうです。
このため「生命線が短い=短命」という認識が浸透されていますが、どうやら必ずしもそうなるわけではなく、流派によっては生命線の長さや太さによって性格や運命を占っているものもあるようです。

・感情線
感情線は小指の下から、人差し指や中指の方向にかけて伸びている線を指し、小指の方から伸びた線が長いか短いか、線の「方向」などで性格を表しているものもあります。
例えばこの線が中指の付け根に向かっている場合は「野心的」だとされており、中指と人差し指の間にまで伸びている場合は「思いやりのある性格」と考えられているようです。

・頭脳線
人差し指の付け根から、手の平の中心に向かって伸びている線が頭脳線です。
この線は自分の才能や適職を知ることができるといわれており、自分の将来を知るためにも知っておきたい基本線といえるのではないでしょうか。流派によって考えはさまざまですが、頭脳線が長ければ慎重、熟慮タイプ、短ければ即断即決・短気であったりします。線のカーブが直線であれば合理的なので「起業家」など、曲線だと情愛型になるといわれています。

鑑定してもらう私たちの「手相」はどのようにして生まれたのか?

最低限覚えておきたい「手相」の知識あれこれ

私たちは両親がいたからこそ生まれることができました。
両親から授かった私たちの「手」、その「手」に刻まれた「手相」は運命によって生まれた時から決まっていたと考えられるかもしれません。

このことから手相を鑑定してもらうことでこれからの未来を占う方も多いと思いますが、同じように「名前」もご両親から授かったものであるため、運命によって決められたものといえるのではないでしょうか。

手相鑑定の方法はさまざまありますが、流派によっては名前と手相に関連性があると考えているものもあり、手相で運命を知り、それによってあなたの「名前」があると考えられているものもあるようです。
あなたの手相を知ることは、あなた自身の運命を知るだけにとどまらず「あなたの名前が何故そうなっているのか?」ということを知るきっかけになるかもしれませんね。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。