待望の男の子、待望の女の子

待望の男の子、待望の女の子の誕生の背景?

待望の赤ちゃん

  1. 長女・次女・“長男”と女姉妹の中に生まれた“男の子”
  2. 長男・次男・“長女”と男兄弟の中に生まれた“女の子”

いずれも兄妹構成からすれば、その赤ちゃんは待望の男の子、待望の女の子でしょう。実はそれぞれ誕生した家の背景・流れは違います。2対1や3対1のように男女比率が偏っている兄弟姉妹の出生物語が今日のテーマになります。

待望の男の子の場合

姉2人以上と弟1人の場合は、能力的にも肉体的にも女性が優勢になりやすい家系です。
別の見方をすれば、女性は生まれやすく、反対に男性が生まれにくくなります。
そうなった原因と結果(以降、因縁と呼びます)は、祖父母代までに男性の力によって栄えた過去がある可能性があります。よって金銭面ではあまり深刻になることはありませんでした。そこで男性よりも女性の方が蓄えた財産を管理することに適しているので、女性が必要だと強く願った代の子や孫は女子が多く生まれ、男子が少ない現象となります。
そこに生まれた男子が無事成人・結婚ができた場合、女系の流れを持つたくましい女性と縁を生じ、実質的なお婿さんのような状態になります。

待望の女の子の場合

兄2人以上と妹1人の場合は男性が優勢になりやすい家系です。とかく優勢になりやすいのは男性となります。つまり、男性が生まれやすく反対に女性が生まれにくい家系です。
因縁は、過去に女系化して斜陽してきた家で金銭もあまりなく、生産性を築きたいと強く願った経緯があります。その答えとして、子や孫の代で生産性を上げる可能性が高い、
男性を多く生むことを遺伝子は選択するのです。中には優秀な子が誕生し一族を繁栄へと導きます。運勢的に男性が強くなり、女性は弱くなります。中には女性が生涯独身などの絶家代も含まれます。

待望の子は総合的には運勢が弱く、成長の過程では人一倍ケアが必要なことになるでしょう。
しかし、あまりにも過保護に育てると今度は生きる上で、バイタリティーが欠如するのでそれはそれで依然と運勢が弱いままになります。
例えば、結果として生命力の強さゆえにやっと誕生した子・“待望の子”がB型(斜め型)ということが多々あります。

MEMO
B型(斜め型)が誕生する背景
男の子なら母方の祖母が、女の子なら父方の祖父が離婚再婚家系で、実質的な後妻や後夫の間にできた子で継承してきた家で、祖父母代で実質的な本家になった家です。
MEMO
あなたの運勢型は? 魂ゆら姓名判断ですぐ確認できます!

魂ゆら占い

※運勢型とは運勢の器のようなもので、性格・使命・因縁・出生順位、総括された運勢が集約されています。運勢型によって皆、人生や運勢は異なります。

まとめ

子どもの成長
我が子がどのように成長していくのか、それは間近に見ることができるのは親としての特権です。そして運勢的に長所が多いのか、短所が多いのか、継続代なのか絶家代であるのかが重要となります。B型(斜め型)に限らず、どの運勢型にせよ、お子さんは生まれてから運勢が持つ結論に向かって生きていきます。


【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です