「キラキラネーム」をつけられた子の人生は豊かになるのか?

「キラキラネーム」をつけられた子の人生は豊かになるのか?

「今でしょ」でおなじみの林修先生が先日テレビ番組で「キラキラネームをつけられた子どもと学力には、ある程度の相関性がある」というコメントをしました。この「名前と学力の関わり」について論じていたコメントは反響も大きかったのではないでしょうか。
今回はこの題材をピックアップしながら、キラキラネームは占いや姓名判断の観点から見るとどうなるのか、キラキラネームをつけられた子は人生が豊かになるのかを説明していこうと思います。

番組で紹介されていた「キラキラネームと学力」について

以前にテストの成績順に生徒の名前を並べてみたことがあったそうで、途中から突然名前が読めなくなったという経験を番組で紹介していました。その他にも今年の東大合格者の名前をリストアップした際には番組のプロデューサーと「全員名前が読める」と話していたことも紹介しています。

もちろん名前は自分でつけられるものではないため「本人には全く責任はない」と付け加えた上ですが、ここから分かることが「学力が高い生徒にはキラキラネームが付いていない」ということです。名前とキラキラネームには確かに相関性があるように見えますね。

では少し視点を広げてみて「学力」という側面にとどまらず「占い・姓名判断」の観点から見ると、キラキラネームをつけられた子どもの人生は豊かになるのかを見ていきましょう。

キラキラネームは姓名判断の観点ではどう見ている?

・「キラキラネーム=運勢が悪い」というわけではない
姓名判断では画数のバランスや画数の点を見ているため、私たちがキラキラネームだと思っていても素敵な未来を引き寄せる名前の可能性はあります。
そのため既にキラキラネームが付いている方の姓名判断をする際には「文字の意味」よりも「名前そのもののバランス」等を重視して、どのような未来になるのかを説明することが多いようです。

・基本的にキラキラネームを「名付ける」ことはない
前述の通りキラキラネームそのものには良い運勢を引き寄せるものもありますが、それでも姓名判断をする上で積極的に「名付ける」ことは基本的にはありません。
これから生まれるお子様の名付けをする場合は、占い以前にいじめなどの難がありそうなものは排除した上で考えてくれています。
このように「占い」という観点だけで理想的な名前を決めているのではなく、お子様に起こりうるトラブルを事前に想定した上で、その子にふさわしい名前を選んでくれているようです。

「キラキラネーム」をつけられた子の人生は豊かになるのか?

確かにキラキラネームであっても良い運勢に恵まれることもあるかもしれませんが、お子様の思春期に個性的すぎる名前をからかわれてしまうと、素敵な学生生活が送れなくなる可能性もあります。

キラキラネームでも良い運勢の名前だった場合、仮にいじめが起きても、その子の人生への深刻さはさほどではなかったり、自分自身の力で無事乗り越えることができることもあります。
それ以前にお子様が一度きりの思春期に、その名前が原因で、からかわれた記憶があるのは避けられることではないでしょうか。

ここからは推測ですが、学力が高い生徒の両親はこういった子どものリスクを予め想定できるため、子どもが学業に集中しやすくなり難関大学合格に繋がりやすくなったと考えられるかもしれません。

これからお子様の名付けを検討している方は奇をてらった名前をつけるのではなく、お子様の人生をより良いものにするためにどうすれば良いかを、姓名判断に依頼してみてはいかがでしょうか。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*