「会社名」を名付ける時に気をつけるべきこと

「会社名」を名付ける時に気をつけるべきこと

会社を立ち上げる際に会社名について考えることになると思います。「どんな名前にすればいいのか」「この社名は縁起がいいのか」ということを悩み続けていると、なかなか理想の名前を決められないこともあるのではないでしょうか。
今回の記事では「良い会社名に出会うために気をつけるべきこと」について考えていければと思います。会社名を決める際にポイントとして是非参考にしてみてください。

会社名をつける時に覚えておきたいこと

まず始めに、良い会社名をつけるために一般的に気をつけるべきことを紹介します。会社名をつける際に忘れないようにしたいことは以下の2点。

・名前にコンセプトを持たせることができているか

会社名の決め方はさまざまですが、会話のきっかけで社名の由来や「何故その会社名にしたのか」といった内容の話題になることもあるでしょう。そういった状況で魅力的なコンセプトを伝えることができれば良い印象を与えることができるかもしれません。
例えば任天堂株式会社は「人生一寸先が闇、運は天に任せ、与えられた仕事に全力で取り組む」というコンセプトが社名に込められていると言われています。このように明確なコンセプトを掲げた上で、それに合った社名作りを心がけたいですね。

・類似商号(似ている会社名)は極力避けておいた方が無難
「会社名」を名付ける時に気をつけるべきこと

実は同じ会社名であったとしても「登記している住所」が違っていれば会社として登記することができるそうです。しかし会社名が同じになってしまうと、元々その名前で活動していた企業から損害賠償など法的に訴えられるリスクもあるため、なるべく避けておくように意識したいものです。
似ている会社だけでなく、ホームページなどを解説した際に「似ているドメイン」を使うこともトラブルを引き起こす原因となりかねないため、できるだけ控えておきたいですね。

会社名を選ぶ「決定打」が欲しい場合は

ケースによっては「会社名の候補がたくさんあって一つに絞れない」と悩んでいる方もいるかもしれません。確かに候補の会社名がいくつか出てくると、今度は「どれに決めるか」ということに悩んでしまいがちです。もし「最後の決定打」がなかなか見出せない時は、その候補の名前を使って姓名判断を依頼することも選択肢の一つとして検討してみても良いかもしれません。会社名を姓名判断するということはあまり馴染みがないかもしれませんが、流派によっては人の名前以外でも名前を鑑定することができるものもあるようです。
想像以上に良い響きや意味が込められた会社名で、さらに運勢的にも継続する会社が誕生するかもしれません。
このような姓名判断を活用することも視野に入れながら、理想の会社名を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*