「魅力的なオーラがある人」ってどんな人?

「魅力的なオーラがある人」ってどんな人?

人と話していると「この人はオーラがあるなぁ」と感じることはありませんか?
皆から注目される、ついつい惹きつけられる、などといったように「オーラがある」という言葉は色々な褒め言葉として使われていますよね。
できることなら魅力的なオーラを纏ってみたいものですが、天性的なものが多分にあることでしょう。もしも人を惹きつけるような魅力的なオーラが無い場合でも、その人にあやかって心掛けることによって、自身の魅力の幅はひょっとしたら増えるかもしれません。

よく言われている「魅力的なオーラがある人」って?

そもそも「魅力的なオーラがある人」はどのような人でしょう。
他にもたくさんあるかもしれませんが、魅力的なオーラを持つために重要なポイントは以下の通りです。

・元気はつらつで周りも元気にする「表情」が豊かな人
・滑舌が良く心地よく、はっきりと聞こえる「話し方」の人
・この人に任せれば大丈夫だと思わせる「決断力」「行動力」がある人
・人の失敗を赦し責めず、むしろ一緒に改善策を考えてあげる「器の大きい」人
・ユーモアや機転の良さで「場の雰囲気を変える」力がある人

あえてハードルは高めの要素を挙げてみましたので、これらを持ち合わせることは容易ではないと思います。難易度の高さゆえに、一つだけの要素が当てはまりさえすれば、もう充分に「魅力的なオーラがある」人にもなりそうな感じもいたします。

「魅力的なオーラがある人の真似」をすれば魅力的になれる?

「できるできない」はあるにせよ、その人に近づく、意識するということは必要かと思います。
例えば幼児が親に諭されて「言葉遣いを直す」ことは意識して自分に注意して修正されるものです。
繰り返しになりますが、すべてが該当する「魅力的なオーラがある人」はそうそういらっしゃらないと思います。ですから前述したそのオーラな人に近づくために「表情」「話し方」などはわずかでも磨き上げることはできそう気がしますね。しかし「場の雰囲気を変える」「器の大きい」などは一日にしてならずですが、どのようにすれば近づけるかは日々の意識の積み重ね次第でモノにできるかもしれません。

自分の「魅力」を知るためにはどうすればいいの?

「魅力的なオーラがある人」ってどんな人?

「オーラがある人」だけが人としての魅力ではありません。どんな人でも独自の個性=魅力を持って生まれてきています。まずはその「個性」を知ることから始めてみても良いのかもしれません。
例えば「自分は優柔不断だ……」という個性をネガティブに感じているのなら、考え方によっては「思慮深く慎重」と捉えることもできるはずです。そしてそこに「魅力的なオーラがある人」の決断力を少しでも努力して加えることができるように自己研鑽したならば……。
最終的には「思慮深く慎重ながらも決断力のある人」になって、新たな価値観が誕生するかもしれません。それこそがその人の新しい魅力になります。
ひょっとしたら姓名判断の見地から、ご自身の「名前」が持つオリジナリティの個性=魅力が解明できるかもしれません。新しい自分探しとして、その姓名判断の世界にその活路を見出すこともいかがでしょうか。

結局「魅力的なオーラ」って何だろう

人の個性=魅力は千差万別です。自分を知り、自分の特徴を正しく把握することで結果的に余裕が生まれやすくなります。自身の活かし方を見出していくことが大切です。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*