運勢が良くない名前で幸せを掴みとった人はいるのか

運勢が良くない名前で幸せを掴みとった人はいるのか

姓名判断をしてみて「運勢が良くない名前」という結果が出ることは珍しくありません。
では姓名判断上でそのような結果が出た方は、幸せになることも、社会的に成功することもできないのでしょうか。
今回は運勢が良くない名前の方の人生について考察します。

姓名判断の結果が悪くても大きな成果をあげることはできるのか

名前は自分で付けたものではないため、姓名判断の結果が自分にとって嫌なものだったりすることもあるはずです。
将来に期待して占ってみて良くない結果が出ると、結局このまま豊かな人生を過ごすことはできないのでは……と思う方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、過去にさかのぼると、姓名判断の結果が悪くても、大きな結果を出している方は少なからずいらっしゃるのです。

・姓名判断の結果が良くないが、大きな結果を残した歴史上の人物

誰もが知っている歴史上の人物「徳川家康」は、姓名判断の結果は流派によって異なるでしょうが、親が幼年期に亡くなり、自身も人質になり、壮年期には長男を失い、事実として家庭運は皆無だったようです。
ですが、結果として江戸幕府の将軍となり、15代続いた徳川家を作り上げました。
「鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス」という言葉があるように、持ち前の忍耐力で天下を自らのものにしたことは周知の事実です。
社会的には大成功を収めましたが、それとはうらはらに愛情面では不遇だった面も否めません。

・「成功」と「幸せ」の違い

姓名判断が良くない運勢であっても、世に功績を残した人物は少なからずいます。
ただし、やはり運勢は良いことに越したことはありませんし、徳川家康は「世に名を残した人」ですが、人生そのもの(私生活)が本当に「幸せ」であったかどうかは分かりませんよね。
「成功」と「幸せ」は必ずしもイコールではなさそうです。
今の時代で考えると、成功者として誰もが知る人物が皆、幸福かといえばそうとも言い切れない気がしませんか?

お子様に名前をつけるときに気をつけること

運勢が良くない名前で幸せを掴みとった人はいるのか

以上のように「運勢が良くない名前」であっても、社会的には後の世に名を残すような成功を収めた方もいらっしゃいます。
ですが、これからお子様が生まれるなど、名前を付ける段階ならば、良い運勢で、幸福な人生を歩めるかどうかに着目したいものです。

お子様が本当の意味で幸せを勝ち取るためには「名前の力」を最大限に発揮させることが大切だと言えるかも知れません。
名前はお子様への最初のプレゼントですから、これからお子様に付ける予定の名前にはどんな力が眠っているのかは把握しておきたいですね。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*