子どもの名付けは「付ける人」によっても運勢が変わるの?

子どもの名付けは「付ける人」によっても運勢が変わるの?

子供の名付けをするのは、両親だけではありません。
祖父母や両親にゆかりのある人、専門家など様々な人に名付けを依頼する人も多くいることでしょう。

そこで気になるのは、名前を付ける人によって運勢が変わってくるのかどうか、ということです。
子供にとって本当に良い名前をつけるためには、誰に名前を付けてもらえばいいのでしょうか?

名付けた人で子供の運勢は変わるの?

子供はその成長の過程の中で、親からたくさんの大切なものを受け取ります。
物やお金などの形あるものだけでなく、目には見えずとも何物にも代えがたい愛情をたっぷりともらって人は育っていくのです。

皆さんも今までの人生の中でたくさんのものを受け取り、成長してきたことでしょう。
お子さんを授かった皆さんも、ご両親にしてもらったようにたっぷりの愛情を注いで育てていくはずです。

そんな中でも一番最初にもらうプレゼントといえば、「名前」です。
「名は体を表す」という言葉もあるように、名前はその人自身を示す大切なもの。
どのような名前を付けるかによってその人の人生が決定されるといっても過言ではありません。

自分で名付けるご両親も多いかとは思いますが、より良い名前をわが子につけるために自身の祖父母や専門家、高名な僧侶などに名付けてもらったという方もいるのではないでしょうか?

専門家ならではの理論に従った方法や祖父母の名前から1文字もらう方法など、名付ける人によって名付け方は様々ですね。
当然、考え方は人それぞれですので採用する名付け方法も変わるわけです。

しかし、実際には名付ける人が変わっても子供の運勢が変わるということはないのです。
つまり、その子ども自身が生まれつき備えている運勢に従った名前が必ず命名されるということです。

名前は「誰がつけるか」より「誰から何を受け継ぐか」が重要!

樹門式姓名判断では、私たちの運勢は祖父母からの遺伝で成り立っていると考えています。
祖父母が果たせなかった思いが孫に隔世遺伝で受け継がれるため、例えば「勝利への思い」を果たせなかった祖父母の孫は負けず嫌いな性格となり、「人とのつながり」を得られなかった祖父母の孫は誰からも愛される人気者になろうとします。

そのように受け継がれた運勢が、さらに父母からの影響で細分化されたものが子どもの運勢となります。
祖父母から遺伝した運勢が人生の根幹を示す木の幹だとすると、父母から受け継ぐ運勢はその枝や葉となり、子どもの人生に歓喜や悲哀を添えていくのです。

このことを言い換えれば、人の運勢は生まれる前から決定されているということになります。
したがって、その運勢を表している名前も生まれる前から決められているということになるのです。

つまり、両親以外のだれが命名したとしても、「決められた運勢」を表す名前がつけられるようになるということです。
たとえ祖父母や尊敬する人の名前から1文字もらおうとも、すべて同じ運勢を表す名前になります。
では、悪い運勢を祖父母から受け継いでしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

子供により良い名前を付けるためには?

子供により良い名前を付けるためには?

命名者によって運勢が左右されないということは、もしも悪い運勢を受け継いでしまった場合にはそれを覆すことができないのではないか、と思ってしまいますよね。
子どもにより良い人生を歩ませてあげたいと願うのが親心です。
それを名前の力で変えてあげられるのであれば、これ以上に嬉しいことはありません。

名前によって運勢を左右する方法は1つだけあります。
例えば、どの方も名前の候補は2つや3つあると思います。
結局は1つだけ名前が付くのですが、その決定された名前が持つ運勢はその子に最も適した運勢があったから、その名前が付いたという事実があります。

当方はこの考えがあるからこそ、専門家(この占術の占い師)の力を借りて初めて、正しい方法で命名に生かすことができると自負しているのです。

自力で試行錯誤を重ねるのも1つの方法ですが、可愛い我が子に確実に良い名前を付けてあげるためには、専門家の門を叩くことをおすすめします。
未来あるお子さんに「より良い名前を」と考える皆さんのために、樹門式はいつでも扉を開けて待っています。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。