赤ちゃんの名前 命名>改名

名前の効力

赤ちゃんの名前 命名1
赤ちゃんに付ける名前によって、性格、使命、個性、そして運勢は決定されます。
親であるあなたに孝行してくれる子に育つ、強いカラダで育つ、迷惑をかけない子に育つ。これらのものが名前で決まるとしたらどうしますか。これらがすべて名前で決まるとしたら・・・。それらを含んで読み進めてください。

命名と改名

赤ちゃんを新規に名づけるのは『命名』といい、すでに名がある人の名前を変えることを『改名』といいます。とらえ方によっては、『命名』と『改名』の差は似て非なるものです。
一方は、人生のスタートとゴール地点を新たに決めるものです。もう一方は、すでにスタートしている人生の道程からゴール地点への道を改善します。
つまり、『命名』は運勢を良いものとし、いかに悪いものがまぎれこまないようにするが課題であって、『改名』は運勢の悪さを、どこまで良くできるかが課題となります。

命名と改名の違い

これらを踏まえると、赤ちゃんに名付けられる新規の『命名』は、大切ということがお分かりになられると思います。(姓名の組合せで運勢は決まります。)
『命名』は『改名』よりも運勢を良くできる“裁量”が大きいと考えられるからです。
運勢のある一定の答えのようなものがわかるまでには時間がかかります。運勢の原型が完成するのが10歳ごろです。20歳や30歳までに運勢以外の要素の社会性や環境から身につけた経験値などで、個性の強弱は確立していきます。
特に『命名』された人と全く当占術が介在していない人、極端な対象として家が絶える時に誕生する絶家代のような人との運勢的な差は歴然で、人間的、社会的、総合的にバランス性は全く違います。

命名するときの選択肢

実際に、赤ちゃんを名づける代表的な方法は次の三つにまとめられますでしょうか。
1.両親や祖父母または知人が願いを込めて名づける
2.他の姓名判断で名づける
3.樹門流姓名判断で名づける

今の名前よりも

赤ちゃんの名前 命名2
1.の場合は、漢字の意味や音の響き、いわば直感的なものや誰かにあやかったり、親と同じ通字(先祖が代々使っている字)で命名するかもしれません。占いに興味がなければ自然とその想いに達すると思います。そうは思いますが、その親が願ったとおりの結果になるかどうかは、また別の話です。
実際に、健康に恵まれる人もいれば恵まれない人がいるように、金銭に不自由しない人、苦労する人。愛情にあふれた日々を送る人、枯渇する人。幸せな“幸子”さんがいれば、不幸せな“幸子”さんもいます。その運勢の振り幅は名付ける名前(姓名)によって千差万別で、『命名』大なり『改名』=『命名』は『改名』より裁量が大きいはずです。そして『改名』と『今の名前』を比較すれば、、、言わんとすることはご理解いただけると思います。


【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です