結婚前と結婚後の姓での相性診断

パートナーの名字に意味がある

結婚と名字
パートナーの名字にほれて結婚される方はかなりレアかと思います。
結婚されたたいていの方は想像もできないような姓に自分がなっているものです。逆に元の名字が圧倒的に多くうんざりをしていた方が、また同じ姓と方とご結婚なんて場合もあります。
普通はまず、その人の個性に惹かれます。夫婦別姓はさておき、結婚をすれば姓が変わり、一般的にはその割合は女性の方が多いと思われます。
結婚をするカップルの名字の組み合わせでは、同じ名字になることが珍しく、違う名字になる場合がほとんどではないでしょうか。次に用意したのは、名字ランキングの抜粋した姓で、この占術から運勢的に、特徴的な三つの名字をグルーピングしたものです。特徴や傾向をご覧ください。

姓グループ

グループ1

天下盗り家系=自己本位で勝利を狙う
例:高橋・前田・後藤・柴田・豊田など

グループ2

独立独歩の家系=家庭運より社会運に長ける
例:佐藤、田中、伊藤・山本・林など

グループ3

せっかち家系=欲望を先取する
例:鈴木、渡辺(渡邉・渡邉)、山口・佐々木など

注意
この他にも各グループに所属する姓はたくさんあります。

その人の全体の運勢を知るためには姓と名が必要です。しかし、姓だけで一族の運勢傾向が読み解けます。カップルのお互いの名字の組み合わせパターンは大きく二通りに分かれます。

姓だけでみた相性

パターン1

同じ名字とはならずにグループ1の人とグループ2の人が結婚するようなパターンです。その組み合わせの夫婦関係は比較的に平和で、夫婦生活において健全性や継続性が見られます。

パターン2

問題になるのは同じグループ同士の夫婦関係です。パートナーとの関係で継続性が難しい組み合わせになります。グループ1であれば、高橋さんと前田さんのご夫婦。グループ2であれば佐藤さん同士のご夫婦の場合などなどです。

最終ジャッジは姓名で

これは何もパートナーとの関係にとどまりません。会社を共同経営している仕事上のパー
トナー、社会で構成する集団・グループ、仲間内のペア。複雑に絡みあう人間関係の中で人生が彩られ、良縁かどうかは運勢に組み込まれています。そのすべての組み合わせに対して言えることなのです。
一方で、姓名同士の相性がよければ、パターン2でもうまくいく可能性は充分にあることも加えておきます。最終的にはしっかりとその姓名同士の判断が必要です。
最後についた名前で運勢・人生の結果がでます。結婚して姓が変わった女性であれば、結婚後の姓が最後の名前になります。

【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(モチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です