姓名判断からみた国際結婚の仕組み

あなたはどこの国の方とご結婚されましたか?

姓名判断からみた国際結婚の仕組み1
名も財もなかった家に生まれて、一代でそれを成す人は実にクールです。
そのような人はたとえ苦境や挫折があっても倒れずに、それを糧にして前へ進みます。
どんな家にでも何代かに一人は家を繁栄させる優秀な男の子が輩出されます。これを『家三代の興亡』の法則でいうところの“初代運”の人と呼びます。
“初代運”の人は、一言でいえば、どんな状況にも打ち勝つ免疫力が旺盛な人と言い換えることができます。その免疫力は初代運の次の二代目では免疫力にかげりが見え、そして三代目になる頃には免疫力が無くなって、いよいよ力が無く家は淘汰されていきます。

なお、二代目以降は女性が優勢、男性が劣勢となる女系化が進行します。

新種

植物には三大要素の窒素・リン・カリの、いずれも必要です。
そのうちのどれが不足しても植物は育ちません。免疫力の正体は、初代から二代目、三代目と代が変わる中で、さながら遺伝子の中の家の土壌の栄養素のどれかが不足して免疫力が弱くなっていく事態だと考えられます。
その結果は、三代目やその三代目の中でも、より深刻な状況である絶家代と呼ばれる人たちが、結婚をしないなど、子孫を残すという人間の(種族保存)本能さえも、何らかの事情でかなえられない緊急事態が起こります。

本能

しかしながら本能は偉大です。その三代目や絶家代であっても、遺伝子に戦略を駆使させて子孫を残す方法を考えます。それが国際結婚です。
家の土壌の栄養素の何れかが完全に不足したその代であっても、国際結婚は新規に遺伝子をリセットする方法をもたらします。
つまり、遠い血系と交じる新種勾配によって、遺伝子を奮起させたり、リセットさせて、子孫を残こせるように外国の方と縁を生じさせようと遺伝子は戦略を練ります。国際結婚によって見事に本能性を満足させることに成功するのです。

遠い血

国際結婚は相対する外国の方から見ても同じで、『家三代の興亡』の三代目であるがゆえに、血が500年や数千年も交わっていない人と結ばれ生き残りをかけるのです。
ちなみに外国人と結婚をしなくても、日本人同士でも北海道と九州の人のように血が遠ければ遠いほど、家の土壌のようなものに栄養素が補われるために子孫が再興されます。
姓名判断からみた国際結婚の仕組み2

好み

国際結婚をした兄弟や姉妹だけが子孫ができて、その他の兄弟姉妹には子孫ができないことが多々見られます。
これは国際結婚をした人の兄弟姉妹も同じ三代目とか絶家代という宿命があるがゆえの現象です。
現在、日本の方と結婚をされている方でも過去に外国の方と縁を生じた人。
日本人よりも外国の人の恋愛対象であるならば、今回の国際結婚の仕組みの話があなたの中にも該当して、三代目とか絶家代である可能性があります。好きになる人によって運勢、すなわち『家三代の興亡』が浮き彫りになるのです。

MEMO
『家三代の興亡』の初代・二代目・三代目は名前を姓名判断した運勢型によって判明します。
※運勢型とは運勢の器のようなもので、性格・使命・因縁・出生順位、総括された運勢が集約されています。運勢型によって皆、人生や運勢は異なります。

【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です