「結婚して運が悪くなった」と感じたら……?

ブーケの上で重ねる手

結婚をするとさまざまな部分で変化を感じることがあります。幸せな新婚生活が待っているかと思いきや、実際は姑がきつく当たってくる日々が続いたり、家計と住宅ローンで節約を常に強いられる生活、夫の浮気に長年悩ませられるなど、理想とは違った夫婦生活や想定外の不運に見舞われている方もいらっしゃるようです。このように順風満帆な人生が結婚を通じて一変してしまい「結婚して運が悪くなった」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん結婚してから人生が好転したのであれば特に悩むことはないかもしれませんが、悪い方向に進んでしまったのであればそれを悩み、結婚したことを後悔してしまうかもしれません。結婚して運が悪くなった方には、どういった点に原因があるのでしょうか?

「結婚して運が悪くなった」時に考えられること

・生活スタイルや環境変化によるもの
今まで生活していた場所や環境から変わったことによって、慣れないうちは小さなことでもストレスに感じることもあるものです。それが重なることによって「運が悪くなった」と感じてしまうこともあるかもしれません。
または冒頭のように、「嫁ぐ」ということは新しいパートナーと一つ屋根の下に暮らすことで、環境に大きな変化を与えます。
夫のご両親とは舅・姑としての関係性が出てきますし、親戚とのお付き合いも増えるものです。もちろんパートナーも夫婦生活が長引けば長引くほど、愛情面の継続の問題は出てきます。そこに子供がいれば、経済力の必要性によって家族の歴史に紆余曲折は出るはずです。人によっては結婚前と結婚後の人生を比較し後悔をされる方が出てきても不思議ではありません。

・「姓」が変わったことが原因となっている
特に女性は結婚することで「姓」が変わることがほとんどでしょう。流派によって考え方はさまざまありますが、姓が変わることによって姓名の運勢が悪い方向に進むと判断する姓名判断もあるようです。
その他にも「元の姓名」が原因で「今の姓名」になり、そして望むような幸運を勝ち取ることができなかった、というように考える流派もあります。このように結婚前の姓名が結婚してからの将来を指し示しており、それによって運勢が決まったという解釈もあるのです。

「結婚後の姓名」が運勢を指し示している流派もあれば「結婚前の姓名」から既に未来は決定づけられていたという流派もあるため「姓名」が結婚後の運勢と密接に絡んでいるとも言えるかもしれません。

結婚後の運勢が気になる方は改名の検討も

握り締めた拳の指輪

「結婚してから思い通りの生活が送れていない……」と悩んでいる方は「結婚」というターニングポイントを経て運勢に変化が現れた可能性があります。もし結婚後の新たな生活に不安を感じているのであればご自身の姓名を確認することによって、その原因を突き止めることができるかもしれません。
確かに結婚前の姓名に新婚生活を送る上でトラブルを招いてしまう原因があったり、結婚後の新たな姓が、ご自身の名前との相性が悪かったりなど原因はさまざまかもしれません。ですが「何故人生が好転しないのか」を姓名という観点から確認しておくことで、これからの人生を好転させるヒントが見つかる可能性もあります。
もし「運が良くならない」と思い悩むことが増えていくのであれば、姓名鑑定の結果によっては改名することも視野に入れながら、ご自身の姓名鑑定を依頼してみてはいかがでしょうか。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。