私の疑問:恋人と相性占いが悪い……どこまで信じればいいの?

私の疑問:恋人と相性占いが悪い……どこまで信じればいいの?

恋人を持つ女性なら、今までに一度は相性占いをしてもらったことがあるのではないでしょうか?
将来的に2人で幸せな家庭を築きたいと考えているのであればなおさら、「本当にこの人と幸せになれるのかしら」と考えることがありますよね。

時に素敵な未来を夢見る2人の背中を押してくれる占いですが、結果によってはかえって2人の関係に不安を持ってしまう場合もあります。
「ただの占い」と気にかけずにいられればいいですが、どうしても引きずってしまうという方もいますね。
相性占いはどこまで信じてもいいのでしょうか?

占いの結果は占い師によって全く違う?

相性占いにはさまざまなものがあります。
互いの誕生日や星座、血液型や名前などいろいろな要素をもとに相性占いをする占い師がいるかと思いますが、その結果は1つではないようです。
占いのもととする情報によっても結果は大きく変わりますし、さらにはその結果には占い師自身の価値観や主観も大いにかかわっているように思えます。

しかし受け手にはそれは伝わりにくく、単純に「占いの結果は全面的に正しい」と思い込んでしまうことがあります。
これが思い込みの原因となり、どんなに恋人と仲が良かったとしても「占い師さんにこう言われたから、この人とはうまくいかないんだ……」などと思い悩むようになってしまうのです。

例えば、とある神道系の占い師に「あなたたちは相性が良くないから結婚はあきらめたほうが良い」といわれたとしても、別の占い師に姓名判断による占いをしてもらったら「とても相性が良いから結婚して子孫を残したほうが良い」といわれた、なんてこともありますよね。

「相性占い」信じすぎるのは危険?

「相性占い」信じすぎるのは危険?

相性占いは占い師によって結果が異なる、ということは否定できない事実でしょう。
もちろん2人の素敵な未来のために占いを行っているので、「良い結果」を信じたくなるのも当然で、「悪い結果」を聞いた時に失望してしまうのも仕方がないのかもしれません。

しかし、相性占いの結果にすべてを委ねてしまうのは危険なのではないでしょうか?
心から愛し合っている2人なのに、結果が悪かったからと即座に別れてしまうのは間違っているような気がします。
「相性が悪い」と結果に表れてしまったカップルやご夫婦の中には、愛を紡いでいる方々も多いですよね。

相性占いは2人が築き上げる未来の予測。適度に受け入れ、未来の選択をしていくことは大切ですが、盲信してしまうのはかえって危険なのではないでしょうか?
占いの役割は、進むべき道に迷ってしまった方の背中を押すことだと思います。
これから選んでいくべき方向を示し、人生のヒントを与えてくれるのが占いなのではないでしょうか?

恋人との相性を知りたい方はこちら

占聖学からの回答:恋人と相性占いが悪い……どこまで信じればいいの?

占いには多くの種類があり、何をもとに占うのかといった鑑定方法、そして結果もさまざまです。
姓名判断一つに絞っても、流派によって鑑定方法や結果にも違いが出ます。

恋人や片思いしている相手との相性占いで、悪い結果が出れば不安な気持ちになるのは当然のことだと思います。
だからといって『良い結果の占いを探す』という考えには賛同できません。

俗にいう赤い糸とは凹凸の原理が働いて発生する相性のことで、お互いに足りない部分を補い合う関係を指します。
赤い糸で結ばれた2人は自然と惹かれ合い、交際そして結婚に至ることが多くなります。
もちろん、相性を占えば「良い相性です」という結果が出ます。

この占術では相性には二つの側面があります。
一つは結婚後の夫婦としての性格の相性、もう一つは子孫性など継続性をみた相性です。
例えば、子孫性に問題がある運勢の人であれば、同じく子供には恵まれにくいという運勢の人と結ばれることが多くなります。

また、子供が生まれてもその子供が成長する過程で、家系がさらに繋がって行く条件(健康面or経済面or愛情面)が揃わない場合も含まれます。
最初の側面はもちろん必要ですが、次の側面に重きを置いているところがあります。

したがって、「良い相性」と言えば、一般的には前者にあたる“夫婦の性格の相性”を示していると思われますが、こちらでは“子孫性の継続性を見た相性”、準じて夫婦の性格相性と複合的にみて相性を判断します。

それぞれの占いの基準が異なる点を見定めることがとても重要だと思います。
同様に赤ちゃんの名付けにおいても良い相性を生じさせやすいお名前をお付けいたします。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。