部屋の印象を決める「玄関」家相で気をつけるべきことは?

部屋の印象を決める「玄関」家相で気をつけるべきことは?

どの家でも来客が最初に足を踏み入れるのは「玄関」ですよね。入り口である玄関は、そこに住んでいる方の第一印象を決めるほど重要と言われています。
また見た目や印象だけでなく、昔から玄関は「身体についた邪気を落とす場所」とされていました。このような言い伝えからもこれから家を建てる方やリフォームを検討されている方は、一度玄関について考えてみても良いかもしれません。今回は部屋の印象や運勢を決める「玄関の家相」について考えていきたいと思います。

玄関に良いとされる方角とはどこか?

ある流派の考えでは、玄関を配置するのにふさわしい方角は東・南・東南があるようです。これらは日当たりが良いことから部屋が明るくなるという物理的なメリットがありますが、運勢を引き寄せるという意味でも優れた方位と言える気がします。
その一方で家の中心から見て鬼門(北東)や裏鬼門(南西)にあたる場所、正中線(東と西の中心をつなぐ線)と四隅線(南東と北西の中心をつなぐ線)上には玄関を作らない方が良いそうです。

さらには、玄関の「張り」は吉相ですが「欠け」になると凶相になるようなので、間取りを見て凹んでいる部分に玄関を設置せずに、出っ張っている場所に設置することが望ましいと言われています。

運命が玄関の構造を決めている?

部屋の印象を決める「玄関」家相で気をつけるべきことは?

占いに関する本や番組を見ていると「これを玄関に置くと運気が高まる」という話を聞くこともありますよね。確かに風水的にはこのような開運アイテムを置くことで部屋の印象が変わり、良い運勢を呼び寄せることもできるかもしれません。

その一方で、実はあなたの運命によって玄関の構造や配置が決まると考えている占いの流派もあることはご存知でしょうか。
家相によって運気が高まるという直近の占いを知るために重要と言われている中で、実は「これからの未来を知らせたもの」という「既に運命付けられた宿命めいた要素」も含まれているそうです。
例えば、姓名判断では「その運命だからそのような姓名を持っている」という考え方を持っている流派もあります。家相もそれに通ずるものがあり「その姓名が持つ運命だからその家相の家に住んでいる」という考えもあるようです。つまり運を引き寄せる家相に住むことで運気が高まるのではなく、自分の運勢によって家相が決められているという考え方もあるのです。

玄関は来客にとっては「家の第一印象」かもしれませんが、実はそこに住んでいる私たちにとっては「運命を知ることができるもの」と言えるかもしれません。これから家を建てる方や、リフォームを検討されている方は、今後の未来や運命を知る手がかりとして、一度家相診断を依頼してみてはいかがでしょうか。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。