家相ってなに? どんな力があるの??

家相ってなに? どんな力があるの??

「家相」とは、家の形状や間取りからそこに住む人に与える影響や運勢をみる占術です。
普段はさほど気にしていなかったとしても、家を新築する際やリフォームを検討している時には「家相」について調べる方も多いのではないでしょうか。
ここでは家相について説明し、どんな力があるのかをまとめていきたいと思います。

そもそも「家相」とは?

姓名判断や手相と同じく、家相にも流派があり、とらえ方はそれぞれ違うようです。
昔からよく言われる「鬼門」は北東の方角に位置しており、忌み嫌われています。

ですが占いの見地から外してみると、北東の方角は日が入らないためカビが生えやすく、さらには冷えるためにトイレやお風呂、キッチンといった、身体に負担のかかる行為をするスペースを設けるには適さない方角なのだそうです。
「凶相」とすることで、その方角に適した生活空間を作るように仕向けたのかもしれませんね。

人は、先人の知恵として「家相」を取り入れ、家を建てる時の土地選びや間取りを決める時の参考にしてきました。
鬼門を凶相とする流派があれば、家全体の相をみることによりその家に住む方々の運勢をも知ることができるとする流派もあります。
この場合は居住者がなぜその家に住まうことになったのか、そして将来的にはどうなるのかを判断するようです。

「家相が良くて姓名判断の結果が悪い」ということは起こりうるの?

また、人の運勢を調べるには家相だけでなく、姓名判断や手相判断などの方法もあります。
そして、同じ人を占う場合は得られる結果は同じであることが多く「家相が良くて名前の運勢が悪い」「家相が悪くて手相が良い」といったことはあまり起こらないようです。
運勢の良い人は良い家相の家に住み、そして良い運勢の名前を持つものですが、逆に良くない運勢の人は良い家相にめぐりあえないことが多いといわれています。

家相について知りたい方はこちら

家相は名前や手相とつながっている

ここまでで紹介したように、家相は他の占いの結果とつながる傾向にあります。
姓名判断の結果が芳しくなかった人がイメージする住居は凶相の間取りになることが多く、どんなに頑張ってみても自らの運勢通りの家を建ててしまいがちです。

そのため、良くない運勢を少しでも回避できるような家相を、家相鑑定の先生に相談する必要があると考えられているのでしょう。
家相を活用して、良い運勢を呼び込みたいものですよね。

「家相」「名前」「手相」1つでも占うことで運命が見えてくる

「家相」「名前」「手相」1つでも占うことで運命が見えてくる

あなたがこれから住もうと考えている家の構造は運命によって決まっているようですが、あなたがご両親に名付けられた名前も運命によって決められているともいわれています。

またあなたの手相の形状も、運命によって今のような形になっているそうです。
これら「家相」「名前」「手相」はご自身の運命から作られたものであるため、導かれている答えは共通した部分が多く、どれか1つでも占うことでその方の運命が見えるようになると考えられています。
家相の力を知ることは家の運命を知るだけでなく、あなた自身の運命を理解するためにも大切なのですね。

  • 魂ゆら占い
  • 赤ちゃんの名づけ専門サイト 占聖学
  • 運勢の転換の知恵 樹門幸宰の姓名判断

Facebook・Twitter・RSSでも購読できます。


 コメントはこちらからどうぞ

*