占い的健康論

占い的健康論1人は“健康”を失った時にその“健康”の大切さを感じるものです。
皆さんもカゼや肺炎になった時に、改めて健康のありがたさを感じることと思います。
ましてやもっと重い病であれば、そのありがたさを心底思うはずです。闘病を克服した一般人・著名人の方の話は重みがあります。
健康な肉体は生きる資本であって、健康があってこそすべてがはじまります。
健康があるからこそ、働き、ご飯が食べられ、支障なく日々を送り、健康ゆえに、結婚、子供の誕生と家の継続性がかなうものです。

命のバトン

私たちの先祖は命のバトンを、健康を原資としてつながってきました。生きる本能性を持続させるミナモトは第一に健康です。
この占術は“健康”な身体を持ち、生活を支える“経済力”、そして親子愛、夫婦愛、子孫性という“愛情”。健康、経済、愛情の3つのすべてバランス性・持続性があることを幸せの定義としています。
すなわち、幸せな名前とはそれらの運勢に継続性があり、バランス性が優れた人となります。

健全な精神と健全な肉体

健康な身体を持つためには、健全な思考を持つことが必要です。というのも、“病気”は生活習慣の上に発生するもので、その人が持つ思考性がもたらすからです。
例えば、負けず嫌いである運勢型※がありますが、その人は勝ち気なために勝ち続ける必要があります。しかし、時に起こりうる敗北は屈辱であってストレスになります。
人と人の世で勝ち続けるのは限界があります。そのような性格のどこかに生きにくさがあって、事実、自律神経や消化器官の疾患などの病気傾向をうみます。
これは一例に過ぎませんが、要は、病気とはその人が持つ頭脳性や性格が作り出すものなのです。病気にならない運勢型は存在しませんが、他の運勢型と比較すれば、病気にはなりにくい運勢の要素を持った運勢型はすでに理解しています。
その運勢型の方はまず、人に順応する、そして社会に順応します。さらに性格は波風を立てない平和主義者で、思考性は客観性を持ち、懐には一定の度量があるために、精神負担が少なく、他の運勢型と比べると確率的には病気になりにくい傾向があります。

運勢の満喫のしかた

占い的健康論2
運勢型が違えば思考性も違います。ですから思考性が違えば、その人の体の中の免疫系システムの働き方や回復力も異なります。各個人が健康な時に何ができる、何をしたかが、各個人の生きた証になります。健康があって運勢を満喫できるのです。
幸せの定義に第一に健康を持ってきているのは、それがなければ何もできなくなってしまうこと、当たり前の大切さ、普遍の幸せの中に健康が存在することを大先生(始祖樹門)は知っていたのです。

MEMO
あなたの運勢型は? 魂ゆら姓名判断ですぐ確認できます!

魂ゆら占い

※運勢型とは運勢の器のようなもので、性格・使命・因縁・出生順位、総括された運勢が集約されています。運勢型によって皆、人生や運勢は異なります。

【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です