双子はどこが違う?

同じ人生を歩む双子はいる?

双子はどこが違う1
この世で自分と全く同じDNAを持つのは、一卵性双生児に限られています。一卵性双生児の遺伝子配列(DNA塩基配列)は完全に一致しているからです。
一卵性の双子は顔かたち、背格好の見た目は同じように見えます。しかし、これまでの環境で双子の方と接点があった方は共感できると思いますが、性格もそうですが、何よりも人生は異なるように見えるのは何故でしょうか。むしろ、双子といえども人生は全く異なるのが普通であって、この占術の結論を言いますと、双子と言えども運勢は全く異なるはずです。

親から子、子から孫へと遺伝するわけですが、そのタイミングは祖父母から父母へ、父母から本人へ物質的に直接遺伝します。ここで言う遺伝(DNA)とは肉体的な遺伝とは別に、感情の遺伝のことをこの占術では指します。
その感情の遺伝の法則性は、『祖父母代、準じて父母代で失ったものを獲得せよ』という指令のようなもので、その指令を孫本人の一生涯の使命とします。この占術では“魂”=感情の遺伝子が最も強く運勢を決定付ける最大の要素とします。祖父母や父母が財または名誉を失ったのであれば、孫(本人)は何が何でもそれを得ようとします。そのためにその目的にあわせた頭脳体系も獲得します。
双子の人生が異なるのは授かった運勢の相違によるものです。その違いを説明していきますが、少しだけ難しいので頭をスッキリさせてからお読みくださいね。

1. まずは兄弟に歳の差がある場合ですが、
兄は母が25歳、弟は母が30歳の時に出産した場合

隔世遺伝は祖父母の“ある”年齢で味わった悲しみや憎しみなどの「負の感情」が遺伝します。母が兄を25歳で出産をしたのなら、兄に隔世遺伝した運勢の内容は、祖父母の25歳時の感情が原因で、弟に隔世遺伝した運勢の内容は、時間差で、祖父母の30歳時の感情が原因となります。もしも、祖父母の25歳時の感情が、屈辱を味わうほど劣勢に追い込まれたら、兄はなんとしても勝者を狙う性格が隔世遺伝します。
これを『運勢型A型(タテ型)』と想定します。

次に、祖父母の30歳時の感情が、世間や身内から白眼視され人格を喪失したのなら、「世間を見返したい」という想いが唯我独尊的に自分は威張って世間を見返す性格が、弟に隔世遺伝します。これを『運勢型H型(隔離型)』と想定します。

この例を整理すると、兄は勝者を目指す人生=『A型』で、弟は世間を見返す人生=『H型』となります。祖父母代の負の感情の内容が祖父母の年齢で異なると、このように孫にあたる兄弟には、運勢型が異なって、必然的に性格が異なる兄弟が誕生します。
このように祖父母の精神性が兄弟の核となる運勢型を決定付けます。同じ親から生まれた兄弟でも性格が違う理由はこのようになっているのです。そして、兄弟であっても運勢も全く違うことになります。ここまでは歳が離れた兄弟の運勢や性格の違いです。では、歳が全く同じ双子の運勢はどうなるのでしょうか。

2.母が双子を25歳の時に出産(双子の運勢型が異なる場合)

遺伝元は、祖父母の25歳時の感情が伝わることには変わりはありません。先の1.で挙げた兄の時=『A型』と弟の時=『H型』の感情を、もしも祖父母が25歳の時に同時に味わったのなら、双子でも運勢型は『A型』と『H型』の運勢型が違う双子が誕生します。
双子の兄は一つの遺伝要素、弟はもう一つの遺伝要素というように運勢は振り分けられるのです。これが双子に見られる王道のパターンです。

3.母が双子を25歳の時に出産(双子の運勢型が同じ場合)

同様に、祖父母の25歳時の感情が遺伝します。祖父母は先の1.で挙げたように『運勢型『A型』もしくは『H型』のどちらかかの原因が深刻化した場合、双子にも同じ運勢型『A型』同士の双子、『H型』同士の双子が誕生する可能性があります。

双子はどこが違う2
遺伝の法則はとても皮肉です。もしも双子や歳の離れた兄弟でも同じ家に同じ運勢型が出ると悲劇が起こります。必ずどちらかの運勢は優勢、どちらかが劣勢となり、運勢同士が相克(反発)しあいます。これは親子でも同じ運勢型がそろうと運勢同士で潰しあいます。

先の双子の運勢型が同じ場合、運勢型の性格の奥行き(強弱)が違って、決して同じような性格には見えません。兄弟姉妹双子の人生そのものの幸不幸の相違は、別の視点(出生順位)が必要になっていきます。

2人の人生は左右される? 双子の運勢と名前2人の人生は左右される? 双子の運勢と名前
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です