名前と遺伝子と姓名判断

名前の中の情報量

名前と遺伝子と姓名判断1
「その運命を持っていたので、誰が命名しても自然とその名まえがつくようになったのです。」このゆるぎない事実を鑑定へ来たお客様に申し上げます。
たとえ両親がつけようと、祖父母がつけようと、誰かの名まえの一文字を頂いてつけようと、さらにはどんなに偉い人が名付け親であろうと、子どもが持って生まれてきた“遺伝子”の内容に沿って、運命の通りの名まえが付くようになっています。

遺伝子とは

樹門流占術では遺伝は肉体的な情報のみならず、精神的な遺伝情報も遺伝の法則に含まれています。この精神的な遺伝子、すなわち“魂”は先祖の記憶と言い換えればわかりやすいでしょう。祖父母が為しえなかったマイナスの想いを孫に託すかのように、精神的にも遺伝することによって逆作用として孫の人生をプラスに転換するように子孫の頭脳や性格、そして運勢までも形成します。生きる上で不都合を感じたマイナスの要素は遺伝子の生き残り策として子や孫へと伝わるのです。
受胎して、無事にこの世に生を受けた子に名まえがつきます。その名前が示す通りの思考性と性格を枠に固定して、人生の方向性をはっきりと示していきます。

受け継ぐ遺伝子

名前と遺伝子と姓名判断2
祖父母や父母から遺伝で受け継いだ遺伝子と、それの持つ素質を示す名まえがつきます。
名まえはいわば自分が何者かを表している名刺のようです。
「私の家系はこれこれ、このような流れで、私の魂の出生順位は第何子魂の何男相です。更に、私の祖父母が持つ因縁は×××です。だから、私の性格や思考はこのようになっていて、運命はこのようになっています。」
具体的には、「私の祖父は死別再婚した家に第4番目に生まれた次男で、更に、その祖父は祖父の兄との兄弟間の格差によって劣勢を味わいました。祖父は勝者になって優勢になりたいと願ったのです。その因縁により、孫である私の性格や思考は科学合理的にそして負けず嫌いな性格となって人生の上で勝つことによって優勢な立場の人生を狙います。
この樹門流占術を教室まで通われた生徒さんたちであれば、名まえについて深い知識を持っているのでそのようなことがわかってしまうのです。

名前という枠の中で泳ぐ

要するに、名まえには考え方と行動(人生)、事の顛末である運勢が備わっています。
今まで、四角い枠に入っていた人は、四角い考え方・行動・運勢をとります。三角の枠の人は三角の考え方・行動・運勢をとります。結婚後の新しい姓名や、改名による新しい姓名であれば、もともとの枠の考え方も知っているので、その素質(考え方)は残り、新しい形の考え方・行動・運勢をするようになっていきます。
おのずと最後に付いた名まえが重要ということになりますし、どんなに才能があっても、その個性を人生の中で全うできるのか、できないのかが名前にかかっている、ということにもなっていきます。
あなたはどのような枠に入っているのか、名前を調べれば、どんな家のつながりという過去と、現在、運勢が示す未来がわかるのです。
樹門流占術では名前と遺伝子にはそのような因果関係があるのです。

女性の直観力樹門流占術と脳科学
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です