早婚と晩婚と芸能人

出会いと別れ

早婚と晩婚と芸能人1
人生には人に出会う喜びがあれば、別れる悲しみもあります。
その中で特に“別れ”が多い運勢型があります。惜しむような別れを“惜別”と呼びますが、それはその惜別が人一倍多く、悲哀に明け暮れる運勢でもあります。
樹門流姓名判断でいう『B型(斜め型)』という運勢型です。
青春時代の男女の出会いと別れ、そのまま結婚する人もいれば、“別れ”を経験する人もいます。その相手と出会った時に“別れ”を最終目的とする人はいません。恋愛や結婚は生添い遂げることを願うはずです。
しかしながら、この運勢型は、運勢の遺伝子の中に『添い遂げる』という目的が流されて、願いがかなわず“惜別”の人生を送ることになってしまいます。

独身相

結婚(=実質的な婚姻状態の意)をする年齢は、現代では早婚は“20代前半”、晩婚は“30代後半”が適当な年齢かと思います。
その「早婚と晩婚」が多く、さらには「独身相」という運勢さえも『B型』の運勢には含まれています。
「独身相」というのは結婚しても相手がいなくなってしまうとか、独り身でいる期間が長いという意味です。生涯独身という意味もあります。
その『B型』は、喜怒哀楽がはっきりしていて、裏表がなく悪意がないとても人間的な運勢型です。また、感性の人で天真爛漫で本音で生きます。そのように人間的で良いと評価される人もいれば、一方で自己中心的でわがままと受け止められたり、人による評価は分かれるところです。
ただ、夫婦間という契り、愛情の視点でみれば、離別が多い運勢はとても“はかなく”感じることでしょう。『添い遂げる』という目的が流されてしまう惜別運があるのは、あきらかに愛情面の継続性の弱さを意味しています。(祖父母代が離婚再婚家系であることの因縁です。)

MEMO
因縁とは、そうなった運勢の原因という意味です。
原因(祖父母代の出来事=想い)と結果(本人はどうなる?)ということで、
祖父母が苦労の連続の人生であれば、孫は栄える可能性があります。

芸能人の離婚には理由がある?

常に脚光を浴びることを願い、潜在意識の中に誰からも好かれ、愛されたいという思い(使命)があります。その使命を言い換えると、「まるでスターのように脚光を浴びたい」という増幅した思いが強くなる人もいます。
その使命を押し通すと、芸能界など一見脚光を浴びる世界を模索する人が多く、実際に芸能人に『B型(斜め型)』がたくさんいらっしゃいます。同時に、芸能人に離婚や再婚が多く見られるのは、この運勢のもたらすマイナスの作用によるものといえるでしょう。
『B型』はある時に一度立ち止まって結婚観についてよく考えた方がよいのかもしれません。

一つの物語

早婚と晩婚と芸能人2
『B型(斜め型)』はワガママというか、直情的な感情が人一倍強い傾向があります。ただし、それが“社会性”が有る無しでわがままが表に出やすくなったり、ワガママが抑えられるようになります。『B型』であるならば、その“社会性”がターニングポイントになります。
部活動でいう上下関係(理不尽なことに対する忍耐)、会社でいう時に個を抑えること。これらの“社会性”を身につける身につけないによって、同姓同名の『B型』がいたとしても、全く印象は異なるはずです。
特に10代から売れているアイドルや女優で『B型』であれば、“社会性”というものをみにつけていない傾向が強く、場面場面で忍耐が効かなくなり、離婚にもつながりやすくなるストーリーが生まれやすくなります。

夫のせいで運勢が悪くなった結婚して運勢が悪くなった?
【内容をもっと知りたい:メルマガ魂ゆら占い】http://archive.mag2.com/0000260574/index.html
【ホームページで占いたい:魂ゆら占い】http://www.e-tamayura.com/
【占い師の鑑定を受ける:運勢の相談室】http://www.jumon.co.jp/
※本文の無断転載及び引用等お断りします。
ブログをご覧の皆様へ
いつもありがとうございます。ブログをご覧になられた時にSNSでのシェアやはてなブックマークのご登録が可能でしたらお願いいたします。(記事作成のモチベーションがあがります!)
また、感想や答えられる範囲であればご質問もお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です