帰化した外国人の「当て字」にも名前の力はあるのか

帰化した外国人の「当て字」にも名前の力はあるのか

グローバル化が進み、外国人の方が日本に来ることも増えてきました。
そういった方の中には日本人に帰化する方もいらっしゃいます。
帰化すると日本人としての姓名を名乗ることになりますよね。
彼らには生まれた国で両親から貰った名前があるはずですが、新たな姓名を獲得したことによって今までとは違った姓名判断の結果が出るのではないでしょうか。
外国人の方が、名前の音はそのままで「当て字」を使って日本名にした場合、運勢も変わるのかを考察していきます。

そもそも「当て字」は姓名判断で効果があるのか

名前にはそれぞれ固有の運勢があります。
その文字(画数)の名前を名乗っている限りは、名前通りの運勢を歩むようになります。
例えば、芸能界には本名と違った名前を名乗ったり、本来の読み方にはない音を使う「当て字」で仕事をされている方もいます。
帰化の際や芸能界に限らず、ビジネスネームとして本名とは違う名前を名乗ったり、当て字を使った名前で活動していたりするケースは意外と多いようです。

外国人の日本の姓名の適切な決め方

外国人が帰化する際に、読み方にこだわった漢字の選び方だけでご自身の名前を決めてしまう方も少なからずいらっしゃいます。
漢字の見た目や響きがカッコいいからという理由で、自身の漢字を選んでしまいがちですが、外国人が適切な名前をつけるためには文字の画数や姓名全体のバランスについて、更に踏み込んだ考え方が必要になります。
名前でその方の運勢が左右します。

「名前の力」が宿るところは?

「名前の力」が宿るところは?

帰化した外国人は日本での自分の名前に当て字を用いることが多いようですが、芸能人の芸名や、ビジネスネームなどのように新たな名前を名乗ることも珍しくはありません。

さらに広く見てみると、私たちは日常的にニックネームなどを使ってコミュニケーションを取ることもあります。
仕事でもプライベートでも、自ら名乗ったり、また本名とは違う呼称で呼ばれたりと、さまざまな場面でそれぞれの名前がありますが、それらにも「名前の力」は宿ります。

「名前の力」を外国人の方にも伝える

占いや姓名判断などの文化がそこまで根付いていない国の方の中には、名前で運勢がわかるとか、未来に影響が出るものだとは思っていない方もいらっしゃるかと思います。
ですがせっかく日本に縁があり帰化するのですから、名前に力が宿るという考えがあることを知ってもらいたいものです。
そもそも母国で名乗っていた母国語での名前の運勢と、帰化して名乗る名前の運勢の間には根本的には運勢の大きな開きがないはずです。

夫のせいで運勢が悪くなった結婚して運勢が悪くなった? 姓名判断からみた国際結婚の仕組み1姓名判断からみた国際結婚の仕組み