当て字の名前って運命にどう影響するの?

当て字の名前って運命にどう影響するの?

これから子どもが生まれるというご夫婦は、頭を捻りながらも二人そろって楽しく子どもの名前を考えているのではないでしょうか。

中には他の方々がどんな名前をつけているのか、インターネットで調べた方もいるかもしれません。

その際、「キラキラネーム」と呼ばれる読み方の良くわからない名前を見ませんでしたか?
「キラキラネーム」の多くは当て字を利用していて、1回見ただけではなんと読むのか分からないことが多々あります。

ではこの当て字の名前は、子供の人生にどのような与えるのでしょうか?
姓名判断の見地からご紹介します。

気持ちは込もってる? 当て字の名前

名前はその人にとって世界で1つだけの大切なものです。
だからこそ、自分の子どもにしかない特別な名前をつけてあげたいと思うのは当然のことかもしれません。

しかしその結果、特別な名前にしようという気持ちが強く出すぎてしまうこともあります。
例えば、以下のような名前を皆さんどう思いますか?。

「主人公」
「ひーろー」と読みます。
おそらくこの名前をつけた親御さんの中には『主人公=英雄(ヒーロー)』という考えがあり、自分の息子さんにもヒーローになって欲しいという願いを込めたのかもしれません。

「月姫」
こちらの名前の読みは「かぐやひめ」です。
たしかに月のお姫様といえば「かぐや姫」が頭をよぎります。
「かぐや姫」のように綺麗になって欲しいという気持ちは伝わりますが、「月」を「かぐや」と読めない人も多いかもしれません。

一方、「乃絵瑠(のえる)」や「南椎(なんしー)」という名前は漢字の訓読みの組み合わせで外国語風の響きを出そうとしているのが窺えます。
きっとわが子に、海外でも通用する人間になって欲しいという願いが込められているのでしょう。

姓名判断ではバランスが大切

どれも読むことが難しい当て字の名前=キラキラネームですが、姓名判断の見地から見れば、名前の「読み方」は人生に特別な問題を与えるわけではありません。

姓名判断においてもっとも重要視されるのは姓名全体の画数のバランスです。
例えば「徳川 家康(しょうぐん)」という名付けられた子供がいたとします。
この場合、名前の読みが「いえやす」でも「しょうぐん」でも、その子の人生は変わりません。

子がどのような運勢を持ち、どのような画数の名前を付けられるかは、祖父母・父母の代の生きた環境が左右します。
とくに、生きていく中で生じた「苦しい」「悔しい」「悲しい」といった”マイナスの感情”は、強い影響を与えます。

祖父母・父母の代からの遺伝で『良い運勢』となるのであれば、姓名の画数のバランスが整った命名がされるはずです。

そして、姓名全体の画数のバランスが整っていれば当て字の名前でも、『キラキラネーム』でも良い運勢であることには変わりがありません。

命名の際は「特別感」にだけ囚われない

命名の際は「特別感」にだけ囚われない

しかし、付けられた名前が『良い画数の名前』だったとしても、はたして当て字の名前やキラキラネームを付けられた子供たちは、本当に幸せな人生を送ることができるのでしょうか?

難読な当て字や奇抜な名前は、周囲から名前を正しく読んでもらえません。
さらに、名前のせいで学校でいじめられたり、名前にコンプレックスを持ちながら生き続けるということが考えられます。

例え仕事で大成したり、よき伴侶に恵まれたとしても、人生を振り返った時に「万事スムーズであった」とは言いづらいのはないでしょうか。

もちろん中には、工夫をこらして周囲からも好感を持たれる当て字を子供に命名するご夫婦もいるかと思います。

「他にはない特別な名前」を意識しつつも、普段の生活に支障が出ない範囲にしようというバランスも忘れずに、子供の名前を考えることをオススメします。

2 Comments

乃絵瑠(のえる)という名前を候補に挙げていたので、このコラムを読んでドキッとしました。
女の子だと判っているので、どんなかわいい名前にしようかと悩んでいたのです。
でも、考え過ぎも良くないなと分かりました。
私の名前がとてもシンプルなので、子どもには少しこった名前を付けてあげたいなと…。
生まれた子供はいつまでも赤ちゃんでいるわけじゃありませんよね。
大人になってからこの名前で良かったと、子ども本人が愛着を持てるような名前を選びたいと思います。

senseigaku senseigaku

コメントありがとうございます。外崎です。

女の子の親御さんは音(読み方)の可愛らしさや、文字のイメージにこだわる方が多いようですね。
樹門式姓名判断では、この音はダメ、この文字は避けなさいということはありません。なぜなら、それらで運勢が決まるわけではないからです。
大切なのは姓と名のバランスです。
ですから、こった名前が良くないというわけではないのです。
とはいえ、やはり親の自己満足としか思えないような命名はおすすめできません。
姓と名のバランスを考慮した上で、お子さん自身が愛着を持てる名前を命名してあげて下さい。

現在コメントは受け付けておりません。